横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ともだちが絵本を送ってくれました。
彼女が子供の頃一番好きだった絵本だそうです。
ひとりぼっちの象のぐるりんぱが、いろいろと失敗しながら出会ったたくさんの子供たちと楽しくすごすというお話です。
とても悲しい絵から始まって、最後はこれでもかと溢れる色で埋め尽くされた絵で終わります。
絵は覚えていましたが大人になってから読むとまた全く印象が変わります。
ともだちはぐるんぱがたくさんの子供たちと楽しく遊ぶ最後のシーンが忘れられない、と言っていました。
小さい頃から優しくて繊細な女の子だったんだなあ。
私が覚えていたのは美味しそうな大きなビスケットでした。
たからものがまた一つ増えました。

ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)
(1966/12)
西内 ミナミ、堀内 誠一 他

商品詳細を見る


2008.04.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/89-e069fc1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。