横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
保育園の懇談会があり、夫が参加してくれました。
その夫からの伝聞なのですが、参加したお母さんと園長先生とでこんなやりとりがあったそうです。

お母さん
うちの子がご飯の時に(お母さんの)膝に座って、ご飯も自分で食べずに食べさせなきゃいけないんですよ。


恐らくそのお母さんは困っていると相談したいのではなく、家の中で甘えている微笑ましい子供の様子を伝えたかったのでしょう。
うちもみるこがなかなか自分でご飯を食べず、私の膝に座ってきて重くて参ってます。
そう、私は困ってるんです。


園長先生
何かご不都合な事がありますか?


他の人が言ったらイヤミに聞こえるかもしれませんが、園長先生はいつも笑いながら歌うようにお話になるので、恐らく和やかな雰囲気だったと思います。
あくまでも想像ですが。

園長先生
3歳までは心のへその緒がつながっているんです。園では皆自分で食べれてますよ。



この話を聞いたからか、夫は楽しそうにみるこにべったりでご飯をあげています。
親鳥がひな鳥にご飯をあげるように。
とてもとても、貴重な時間を過ごしているのだと改めて。
2011.02.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/758-118815fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。