横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちゃっちゃと話を進めないと年内に収まりません。
12/19(日)、山手西洋館の世界のクリスマス、今度はベーリックホールで開催された、親子の寄せ植えに参加してきました。
テーマ国はフィンランド。
フィンランド人の旦那様とご一緒に、お花の先生がヒヤシンスのクリスマス寄せ植えのやり方とその背景を教えて下さいます。
お誕生日席のみること夫。
ちょっと絵をボケさせてます。
IMG_3080_convert_20101229232355.jpg

本来は春の花であるヒヤシンスをクリスマスに楽しむのがフィンランドで人気なのだそうです。
香り高くて明るい花だから、長く暗い北欧の冬に喜ばれるんでしょうね。
中でも寄せ植えはクリスマスの卓上を飾る花として定番とのこと。
材料はちゃんと用意してくださっています。
IMG_3081_convert_20101229232422.jpg
この他に水苔やモミや杉の葉、フィンランドモスも沢山使わせていただきます。

みるこ上手にできるかな。
IMG_3086_convert_20101229232443.jpg
可愛いバスケットにかなりぎうぎうに押し込んで行きます。

講座はおおよそ一時間。
最後の最後でみるこは飽きて、他の部屋へ行っちゃいましたが、だいたい楽しめたようです。
寄せ植えの基礎を教えていただいたり、フィンランドのお話を聞けたり、とても充実した内容でした。
もし来年も同じようなイベントがあれば、ぜひ参加してみようと思います。
寄せ植えの後にエリスマン邸で人形劇を観覧しましたが、こちらも思っていた以上に本格的で楽しかったです。
子供向けだからこそちゃんとしたイベントをする、主催者や講習会の先生方の姿勢が素晴らしいなと思いました。

ヒヤシンスはちょうど今、満開になりました。
IMG_3192_convert_20101229232728.jpg
猫足ならぬ、兎足。
クリスマスの飾りだったんですけどね、終わったので兎を追加、お正月バージョンへ。
フィンランドと日本の冬のコラボレーションです。
ちとセンスが悪いですかね。

2010.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/737-0d38e0cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。