横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10/11、良いお天気だったのでいつものように三渓園にお散歩に行きました。
受付で今年は「みんなのお茶会」はしないのか伺ったところ、無いとのこと。
あらら、、残念です。

IMG_2432_convert_20101016092105.jpg

みること鯉にパンをあげたり、猫をながめたり、道に出てきた亀を触って遊んだりしていると、「茶会」のポスターを持った男性が。
どこかの流派が白雲邸を借りて法要茶会をしていて、一般参加もできるみたいです。
こういうののお茶やお茶菓子がまずかろうはずがない!とみること勇んで参加しました。
お茶会が500円、会席弁当が別途500円でした。
お茶のみでお願いします、と無粋な親子はカフェ気分です。
ですが、こちらを書いてお待ち下さい、と受付で写経用の紙を頂きました。
白雲邸の中には写経用の机が用意されていて、正装の紳士淑女が粛々と文字を書いていらっしゃいます。
私たちと違って最初からちゃんとこのお茶会に参加する意志で三渓園にいらしてた方がほとんどなのでしょう。
けっこうな緊張感の中、みるこも写経を。
IMG_2443_convert_20101016092211.jpg

ところで、法要、って法事の事じゃないんですね。
阿呆にも、誰かの命日ですか?って主催者側の係の方に伺ったら、否定する事なく、優しく、「仏様の事を思いつつお茶を頂くんです」と教えてくださいました。
写経をして御仏を思い、こころ安らかにお茶を頂く、という趣旨のお茶会なのでしょう、きっと、うん、多分。

みること私は場を乱すのではとマークされたのか、はたまた係の方が途方も無く優しかったのか、何度も様子を見に来てくださいました。
周りの紳士淑女が品良く私たちを許してくださっていたので、何とかお茶を頂く時間まで持ちこたえました。
白雲邸のお庭。
IMG_2436_convert_20101016092149.jpg

三渓園の建物やお庭はあんまりしゃっちょこばって無くて、良いですよねえ。
お茶はちゃんとちゃんとの作法にのっとったもので(当たり前ですよね)、私なんぞは恥の2度塗り3度塗りなんですが有り難いことに面の皮が分厚いもので平気でとっても美味しくお茶を頂きました。
さすがに写真を撮れる雰囲気では無くて残念ですが、美しい茶器や美しい作法で身が引き締まりますね。
軸の説明ももちろんあるのですが、「よくある文言ですが」との言葉を全然知らず。
無知はやはりいけません、かっこ悪い。
周り方に敬意を持って接しましょうね、というような言葉だったようです。
できてないなあ。
ブッタさんもキリストさんも同じような事を言ってるんですねえ。

みるこにはぬるめにお茶を点ててくださって、柿を模した美味しいお茶菓子と共に、たっぷり頂いてみるこ大満足でした。
周りの作法を見ていたみるこ、ちゃんと正座して、ありがとうございました、と正座でのお辞儀もできたんですよ。
ちょっと寝ころんでいるようにも見えましたけどね。
2歳にして本当のお茶会を経験させて頂きました。

右側が白雲邸です。
IMG_2445_convert_20101016092235.jpg

結局どこの流派か確認しないままでしたが、貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
2010.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/695-b774c99d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。