横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今週はならし保育で時間が短縮されます。
1日目の今日は8:30~10:30の2時間です。
朝、夫と2人で送りに行きました。
0歳児はみるこを含めて6人で、2人の保育士さんが付いて下さっています。
すでに登園していた5人の赤ちゃんは全員泣いていました。
分かってはいたけれどしんどい状況です。
保育士さんにみるこを手渡すと人見知りもせずにこにこしています。
泣いている他の赤ちゃんたちを見るために
みるこだけお布団へ。うつ伏せにされました。
うつ伏せ、みるこはあんまり好きじゃありません。
私たちが棚に荷物をしまっている間に、うつ伏せでほっておかれたみるこも泣き出しました。
涙を流しているみるこを抱えた保育士さんが
「大丈夫ですから」と言うのを背に保育園を出ました。
夫は仕事へ、私は近くで時間をつぶしました。
10:30に保育園に戻ると、誰も泣いていませんでした。
保育士さんにおんぶされている子やだっこされている子、
お布団でぐっすり寝ている子。
その中でもみるこは一人楽しそうに笑っています。
私を見てほっとしているのではなく、いつもの元気な笑顔です。
おんぶされている子はもうすぐ1歳になる男の子です。
涙いっぱいの目で、泣きつかれてぼおっとしている様子です。
友人や、同僚や、みるこが生まれた時の病院で同室だった方から
1歳頃になるとお母さんを覚えているからひどく泣いてお互いに辛い、
お母さんと一緒にいたいがために病気になる子も少なくない、
と聞いていました。
早すぎる、と自分自身も思っている入園もその事が一番頭にあったからです。
もうすぐ1歳の男の子のお母さんもきっと覚悟の上だったろうと思います。
こう君、今日は大変だったね、がんばってえらかったね。
でもあなたのお母さんが誰よりもがんばったと思います。

昨日は挨拶くらいしかできませんでしたが、今日は少し他のお母さんとお話ができました。
同じ保育園に2人目の娘さんを預けるお母さんが、
「辛いよね、2人目でも辛いわよ、1番目の方がずっとしんどかったけどね。」
とおっしゃっていました。
「でも、吹っ切れる時が来るのよ。私はラーメン食べててね、あったかいの、ちゃんと食べれないじゃない。一人で食べれた時にこういうのも良いわって思ったの。」
本当にその時吹っ切れたのか、そう思おうと決心したのか分かりませんが、私を元気づけて下さっているのだと思います。
嬉しかったです。
「おなごはおなごを裏切るものにございます」
確かに。でもお母さんはお母さんの味方です。

時間つぶしに近くの喫茶店で作った靴下。
編み物をしている時は何も考えなくて済むので、下手だけど編み物ができて良かった。
ちょっとウエットすぎますね。
20080402sock.jpg

明日は11時までです。ポリオの予防接種もあって忙しい。
ノンコ、代わりに保育園行かない?
20080402non.jpg


追記:もう固形物を食べれる赤ちゃんには午前のおやつとして
ウエハースが出されたみたいです。
お芋とか、おむすびとか、とうもろこしとかにして欲しいのですが。

2008.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/69-b3f21d13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。