横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9/5 みること初めて映画館で映画を観ました。
上映時間の短さから、「借りぐらしのアリエッティ」を。
もちろん地元本牧で。
IMG_2212_convert_20100911163144.jpg

日曜日だってのに3割に満たないような入り。
これが有難かった。
他にも小さいお子さん連れの家族が多く、何回かみるこ席を立ちましたがあまり気になりません。
デートには不向きですね、本牧の映画館は。
もしいらしてた方がいたら申し訳ありませんでした。
申し訳なかったですが、本牧の映画館が小さい子連れで入りやすいってのが良く分かったので、これからたくさん利用していきたいと思いました。

映画ですが
音楽でこれでもか、と叙情盛り上げる割には物語力が弱い。
おんなのこはこういったもの、おとこのこはこういったもの、おとうさんはこういったもの、おかあさんはこういったもの、という宮崎イズムがいいかげん五月蝿い。
でもそんな事を払拭する力のある映像が見れます。
2次元のはずなのに立体的に感じられ、アリエッティが感じられるであろう、流体の重さ(縮尺が小さいと人間より流体は重く、固くなるはず)が伝わって来ます。
そんな世界を感じられるだけでも十分すぎる価値のある映画でした。
宮崎アニメをずっとリアルタイムで観れている事は本当にラッキーな事だと思います。
みるこはどうかなあ。

みるこは見終わってから、ずっと「からすがおうち入ってきちゃったの!おかあさんがやっつけたの!」と言ってます。
よほどあのシーンが印象深かったんでしょうね。
「またアリエッティ観る?」と聞くと
「もうみない、どじゃえもんもる」とのこと。


猫足です。
みるこは「アリエッティ」と言えず、
ありえってい
と言います。
落語家か。
2010.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/681-d7b2b1b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。