横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1回MG会(あれ、違いましたっけ)での話題で「一番影響を受けた映画」があったような、無かったような(これも違っているかも)。
好きな映画は数あれど、私や多くの私の世代の人間がリアルタイムの映画で大きな影響を受けた映画は「スター・ウォーズ」だと思います。
あんなによくあるテーマの羅列なのに「置いてかれてる」感があんなに強い映画も無いですよね。
いつまでたっても話についていけません。

STARWARS_CLONEWARS_2.jpg
NHK教育で「クローン・ウォーズ」が始まりました。
EP2とEP3の間のお話です。
さすがクール!と思ったのは第一回にアナキンが全く絡まなかったこと。
ずっとヨーダの話でした。

話が飛びます。
4月の頭、通院のため、いつもより遅い時間にみるこを保育園に預けに行きました。
いつもの時間だと、たいてい見知った子供たちと下駄箱のあたりで一緒になりますが、時間が違うので、見たことの無いお兄ちゃんとそのお母さんと一緒になりました。
そのお兄ちゃんはハンディキャップがある子でした。
靴を脱いでいるみるこに、お兄ちゃんは手をつなごう、と手を差し出しました。
みるこも手を差し出します。
あまり力加減が上手じゃないお兄ちゃんはちょっと力を入れすぎて、みるこの手をぎゅうっとしてしまいました。
お母さんが大丈夫かと心配されますが、みるこはそれも嬉しく、お互いにぎゅうっと握り締めあいながら一緒に歩きはじめました。
おぼつかない者同士、手を握って楽しそう階段をのぼります。
それを見ているその子のお母さんがあまりにも嬉しそうで、私は泣き出しそうになるのをこらえながら「こんなのいつもの風景ですから」って顔になるように努めます。

みるこが嬉しそうだから私も嬉しかったり。
お兄ちゃんのことをどこかで「カワイソウな子」として見てしまう自分がいて、嫌で嫌で仕方なかったり。
お母さんが日々重ねていく覚悟を思うと、胸から背中に大きな岩を差し込まれたような気持ちがしたり。
この幸せな瞬間が、光の速さで通り過ぎてしまって行くのが寂しくて仕方なかったり。

頭の中に色々な思いが駆け巡って、春の嵐でした。


さてスター・ウォーズ。
色んなクールな所がある映画ですが、この後の映画に一番影響を与えたのは、「何の説明もなく異型(ヒューマノイドじゃない)のキャラクターが出てくるところ」ではと思います。
変な形なのに「セクシー系」となっていたりしますよね。
アナキンもルークも大師匠として崇めるのは変な生き物のヨーダです。
それぞれ異型なのが当たり前の世界。
みるこが大人になる時には今とはほんの少しでも、世界の見方が違うのかも知れません。


猫足です。
ジャバ・ザ・ハットにクリソツなニャーちゃんの秘蔵写真。
2002_01_02_01.jpg
こんな写真をアップしたことは、おこりんぼのニャーちゃんにはご内聞に。
2010.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/578-7ef4f189
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。