横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まず陳謝致します。
申し訳ありません。もうすぐ返却します。

書名   :目のお医者さん
シリーズ :お医者さんシリーズ 1
著者名  :丸尾敏夫/監修
出版者  :保健同人社
出版年  :2000.12
ISBN :4-8327-0261-0
定価   :1500円(絶版)

眼科について書かれている書籍で良く見かけるのがこの本の監修の丸尾敏夫先生です。
広く浅く書かれていて、斜視についての専門的な知識には期待できません。
全国の専門医療機関リストが載っているのがポイントです。
斜視、弱視について神奈川県では
神奈川県立こども医療センター(みるこ予約しています)
北里大学病院
がリストアップされています。

書名   :小児眼科のABC
副書名  :最新の診断・治療的アプローチ
著者名  :小口芳久/編著
出版者  :日本医事新報社
出版年  :2003.4
ISBN :4-7849-6080-5
定価   :7600円

小児科の臨床医向けに書かれた教科書のような本です。
ですので専門用語が多く、一般人には理解しにくい部分もありますが、今の所この本が一番役立ちそうです。
先生が使う器具の名前やその検査内容について、処置中に全て教えていただくのは難しいですよね。
この本で予習/復習しておけば、今子供が何の検査をされているのかが分かり、心配が薄れるのではと思います。
斜視について多くのページが割かれています。
高額なのが難点。
必要部分をカラーコピーしようと思います。


今回はこの2冊。
斜視をそのままにしておくと、多くの場合、片方の目は使われなくなる事によって失明するんだそうです。
見た目の問題だけでは無いんですね。
片方が失明すると立体視ができなくなり、就けない職業もあるそうです。
例えばパイロット、マイクロサージャリーをする外科。
不謹慎と取られてしまうかもしれず、ほんと、ここはみるこが成長した時に見て欲しくないんですが、ちゃんと、ちゃんとこの病気には向き合って最良の方法を取るつもりです。
手術も勿論、視野に入れています。
でもね、選択できなくなるのはパイロットと外科。
そんなの両眼視できる人だってほどんど選択できないですよね。
私はかなりの胴長短足で身体の3/2は胴体ですので、モデルさんは職業選択肢に最初からありませんでした。
(胴体部分だけが不自由な訳でもないですが、個性的なお顔立ちのモデルさんもいますしね★)
だからと言って強烈に自分を責めたり親を非難したりは(ジョークとしてはありますけども)無かったと思います。
脚が長かったらなあとは今も思いますけどね。
そんなのと一緒くたにされちゃあ斜視の方も良い迷惑なのは承知ですが、でもパイロットになれない斜視とモデルになれない短足、深刻さも滑稽さも大差無くないですか。
両眼視ができないと、恐らく酷い肩こりとか頭痛とか、両眼視できる人にはない大変さがあると思います。
それらも引っ括めて苦労をちゃんと理解して、できるならフォローし、でも「普通じゃない人」みたいな区別をしない世の中であってほしいですよね。
というかそういう世の中にしていかなくちゃいけないですよね。
いえね、斜視のお子さんを持つお母さんたちが自分を責めがちだって言うものですから。
それはダークサイドですよ、よしましょうや。
2010.02.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/539-bcf88c23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。