横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大阪で、1歳以上の小児への新型インフルエンザワクチンの接種が今日から始まりました。
全国で10都道府県が当初の12月中旬からの予定を前倒しするそうです。
東京は来週、16日からだそうです。
東京が早く始めるのは、毎日区役所の情報チェックして備えていた同僚が教えてくれました。
調べた事を気持ち良く教えてくれた同僚に感謝。有り難い事です。

と言うのも、別に市や区をまたいで予防接種を受けに行っても構わないんです。
病院に寄るかも知れませんが、もし一日も早く接種したい方は先ずは予約受付をしている都内の病院をネットなどで調べて、お電話してみては如何でしょう。
それぞれの家庭にそれぞれの事情があると思います。
家族を守るためには致し方ないでしょう。
別の同僚は16日に予約ができたそうです(越境です)。

横浜だと今の所、1ヶ月以上先になりそうですよね。
予防接種については色々な事情があるのだろうとは思いますが、事、育児に関しては神奈川は東京に比べるとかなり遅れを取っている部分が多いように思います。
病後幼児を預ける施設が少なすぎだったり、医療費補助の適用限度年齢が低かったり。
私を含めて横浜で暮らす多くの人が東京で仕事をし、多くの時間を東京で過ごしているわけですが、仕事に手一杯で足元の環境が実は悪いのだと気が付いていないのかも知れません。
ワタクシが正にそうで、都内で暮らす同僚の話にいつも驚いています。
ワクチンの配布に地域格差がある事とは直結しないかも知れませんが、私たちが住んでいる町が、子供や、あるいは他の守るべき人々に優しい町であって欲しいですよね。

どうして横浜はこうなのか、きちんと考えたいです。
2009.11.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/481-ae7a729e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。