横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
パン好きみるこ。
作る方も楽しくなります。
永遠に使い続けられるのではと思ってたサフのインスタントドライイースト、500gがあとわずかになりました。
みるこの離乳食を始めてからパンを焼く機会が本当に増えました。
また買うべ、と富澤商店のオンラインサイトを見ていたら、「パネトーネマザー粉末」という、見た事の無い酵母がありました。
みるこが生まれる前に、レーズンから酵母を起こして風味豊かなパンを焼いていましたが、小さい子供がいると中々モノゴトが予定通りにいかずに、せっかく発酵した種を使えずに終わってしまう事があって、今は天然酵母はお休みしています。
パネトーネマザー酵母はその販売元のサイトを見てみるとイーストも入りながらその他の酵母菌も複雑に混ざった粉末で、ドライイーストと同じような使い方ができるみたいです。
どんなものかと買ってみました。

よくドライイーストを買うと、そのパッケージの中にバターロールなど、基本的なパンのレシピが載っていますよね。
そうでなくても、ドライイーストを使ったパンのレシピは色んなサイトで紹介されていますし、本も沢山出ています。
このパネトーネマザーを使ったレシピはかなり珍しい伝承方法を取っています。
発売元が作ったサイト、「ぱねぱんクラブ」にメールでレシピの依頼をして、返信でレシピを頂く、という方法です。
レシピは沢山あるのですが、1回の依頼で2件までのレシピと制限されています。
レシピはワードファイルなので、ワードがインストールされていないと残念ながら見れません。
単価がそれほど高くない商品に、これほどの手間をかけるというのは、何か事情なり、色んな考えがあっての事だと思います。
大変だろうなあと気の毒になります。

商品を作る方と売る方がイコールの場合(あるいは個人事業主でなくともごく小規模の会社の場合)、全てがその少人数の人たちの負担となってしまいます。
消費者としては、良い物をより手に入りやすく、価格も抑えてと思ってしまうので、今のこの会社の運営方法を、今後大丈夫なのかなと心配してしまします。

というのも、とっても良かったんです、
パネトーネマザー。
発酵にはドライイーストより若干時間がかかりますが、使い勝手はドライイーストと変わらず面倒な事はありません。
焼き上がったパンは、角のない、まろやかな風味で、明らかにドライイーストより優しい、深い味わいがします。
一種ではなく、複数の酵母で発酵しているからこそなのでしょう。
レシピの中で一番カンタン、と紹介されていたフォカッチャを作ってみました。
IMG_1835_convert_20090907150339.jpg
ちょっと贅沢に良いオリーブオイルを沢山かけて焼きました。
どこのイタリア料理屋さんでもこんなに美味しいフォカッチャを食べた事ないかもしれません。
とても上品な、ふくよかな味なんです。
作り方は至ってカンタンなんですけどね。

すぐにとても分かりやすく、作品への愛情たっぷりのレシピを送って下さる管理人、今野さん、無理の無い良い方法で、もっとこの粉末が売れると良いですね。
きっとまた買います。レシピ、ありがとうございました。

2009.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/441-979af34b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。