横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今朝の事です。

みるこを保育園に預けに行きました。
みるこを預かってもらう時間は早いので、まだ子供たちがクラスに分かれておらず、チビちゃんもお兄ちゃん、お姉ちゃんたちもみな一番大きな部屋で遊んでいます。
別れぎわ、みるこは今は泣くほどではありませんが、先生にだっこしてもらわないとちょっとぐずります。
今日も先生にだっこしてもらおうかな、と思っていたら、年長のお兄ちゃんがすっとみるこの手をとって、お兄ちゃんたちの遊びの輪の中に入れてくれました。

その仕草の自然だったこと。
みるこはキョトン、としながらも、すぐに楽しい輪の中でにこにこしだしました。
名前も知らないお兄ちゃん。
その優しさに泣きそうになりながら駅に向かったのです。

5歳やそこらの年齢でも、こんな思いやりが備わってるんですね。
みるこも小さい子に優しくできるようになるでしょうか。
それは私の仕事ですね。
そして、優しくできる子になったら、その気持をずっと大人になるまで、おばあちゃんになるまで持ち続けられるのか。
それは今の私の課題でもあります。
2009.08.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/420-51007d5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。