横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと西原理恵子の「毎日かあさん」のアニメを見れました。
結構バタバタしている時間なんです。
お金が出せる高須社長も凄いですが、希望通りに作品の雰囲気のままアニメを作るアニメ制作者さんたちが凄いですよね。
日本のアニメーションの技術、レベルというのは本当に高いんだと改めて思いました。

ところで、みること自転車で保育園に通う道で、好きな通りがあります。
ドンキホーテの横を曲がって新山下の大きな通りから1本奥に入ります。
住宅街ですが、ちょこちょことお店もあって、一方通行であまり車が走っていません。
地元の方や、私たちのような自転車で通り過ぎる人がこの通りではちょっとスピードを落としてのんびり歩いたり自転車を進めているように感じます。
あ、千葉屋の前の通りと言うと分かり易いでしょうか。

気になる銭湯や
IMG_0250_convert_20090516222746.jpg

おしゃれなお花屋さん
IMG_0251_convert_20090516222810.jpg

そして、のんびりと道を横切る猫に、短い通りなのに毎日数匹で会います。
IMG_0252_convert_20090516222838.jpg
だから好きなんですね、きっと。

以前、この通りで、「毎日かあさん」的な光景がありました。
「毎日かあさん」で描かれる西原理恵子の長男はまさに「おとこのこ~」な回りを見ずに突き進む考えなしで愛すべき男子。
おしっこも忘れて遊びに夢中になってしまう子です。
そんな男の子達がいました。

朝、この道を通っていると、前から小学校低学年らしき、ランドセルの男の子二人が歩いてきました。
その二人のうち一人は自分の手で自分の目を覆って、「ケンタ~、ケンタ~、見えないよ~、どこいったんだ~!!」と叫んでいます。
そして「ケンタ」らしき子は、すぐ近くにしゃがんで、車の下に潜り込んだ猫にちょっかい出そうとして、騒いでいる友達の事は無視していました。
あの子達は遅刻せずに学校に行けたんでしょうか。

みるこの保育園を引っ越したら、見れなくなりますね。
名前もどこの人かも分からない、でも毎日すれ違う人たちがいます。
どんな人なのか全く知らないのに、少しずつ、すれ違う人たちを好きになってるんですよね。



2009.05.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/371-208d6414
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。