横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近になって料理に目覚めた同僚が、休みを利用して餃子を作って大変美味しかったけれど餃子の皮は市販のものを使ったと話していて、じゃあ、この本を今度は参考にしてみたらと「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を持って行きました。
喜んで借りていってくれて、また別の週末に花巻を作って凄く美味しかったそうです(ええ、餃子は作らなかったみたいです、今も)。
あんまり楽しそうに話してくれたので、私も花巻作りをしたくなり、ここのところ何度か作っています。

材料は、薄力粉、砂糖、塩、ドライイースト、ぬるま湯、サラダ油、以上、と大変シンプル。
でも小麦粉の美味しさを堪能できる、さすが中国人!な一品です。
ウー・ウェン先生の本では形も大変美しく、私もあんなにきれいに作りたいのですがなかなか上手くいきません。
形はともかく、先生の本では真っ白でふかふかの表面なのですが、私が作ったものは何だか色が黄色っぽくて表面が糊っぽくコーティングされた感じになってしまいました。
くだんの同僚もその後何回か作っているそうですが、やはり真っ白には蒸しあがらないそうです。
すぐに壁にぶち当たって、すぐに甘えたくなり、中国ならぬ横浜チベット自治区の先生へメールしました。
優しいにっき先生はご専門でない点心なのに、「高強火で一気に蒸しあげてみてはどうでしょう」とアドバイスを下さいました。
先生、お忙しいのにありがとうございました!

それでこの週末は毎日花巻を。
完全にウー・ウェンのレシピ通り、にっき先生のアドバイスで時間を短めにするところだけ変えて蒸してみました。
IMG_0777_convert_20090331054827.jpg
形があんまりなのは巻くときの手際が悪かったからですが、ふかふかでめっちゃ美味しかったです。
にっき先生、本当にありがとうございます。

2日目は薄力粉ではなく、余っていたフランスパン用の粉で。
IMG_0795_convert_20090331054853.jpg
色が黄色っぽくなり、ふかふかというよりもっちりな感じになりました。
こねてる時から「これ、違うぞ」と思ってました。
やはり中華饅頭系は薄力粉が良いみたいです。

昨日の朝は、平日なので前の晩にこねておいたのを引っ張り出して、成型して蒸しました。
IMG_0797_convert_20090331054912.jpg
これも少々もっちりめな感じ。
冷蔵庫の中に入れていたとは言え、発酵時間が長すぎて過発酵なのと、水分が奪われたからかと思われます。

今のところ、薄力粉100%で、レシピ通り、一次発酵1時間、成型して20分程度で、蒸すのは高温で気持ち短めに、で美味しい花巻になるようです。
タイミングが合えば、ふかふかの美味しい花巻になります。
あとは形ですね。
手際よくできたらもっと美しくなるでしょうか。
更に修行が必要です。

みるこもかなり喜んで食べます。

さて、猫足ですが、花巻つくりのきっかけとなった同僚は本当に花嫁修業中及び花婿募集中です。
「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」みたいな良い本を、どうして私持ってんだっけ、と思い出したら、ほんまさんが以前紹介されてたからでした。
ほんまさん、如何でしょう、頭も性格も良い娘で27歳です。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理ウー・ウェンの北京小麦粉料理
(2001/11)
ウー ウェン

商品詳細を見る


2009.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/343-6f288514
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。