横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さすがに3月はバタバタとしております。
更新が滞っていますが、みるこ家は皆元気でございます。

さて、引っ越す前から本牧図書館は何回も行った事があったのに、子供用のプレイルームがあったなんて知りませんでした。
人は自分と関係ない情報は簡単に遮断するんですね。
図書館、と書きましたが本牧地区センターで、その中に横浜市図書館、会議室、体育館などがあります。
プレイルームは入って左の奥です。
図書館で絵本を見た後に寄ってみました。
誰もいなかったので失礼して写真を。
IMG_0679_convert_20090307060932.jpg
なかなかきれいです。
滑り台の他にも、大きいブロックやぬいぐるみ、絵本などが置いてあります。

壁にそって作り付けてあるベンチにうんしょ、と登るみるこ。
IMG_0680_convert_20090307060956.jpg
まんまるおケツはあれです、オムツがメリーちゃんだから。
メリーちゃんは柔らかいですが厚手なんですよ(苦しい)。

この日はみるこしかいませんでしたが、別の日に行った時には何組かお子さんがいました。
みるこより小さいお子さんもいれば、やんちゃざかりな元気なお子さんもいます。
なかなか気を使うものでございますね。
みるこが壁に作り付けの引き出し式の棚から、おもちゃを取ろうとしていた時です。
別のおもちゃで遊んでいた2歳になる男の子が(お母さんがそうおっしゃっていたのです)急にやってきて、みるこがいるのに、その棚をおもいっきり引き出して、みるこにぶつかりそうになりました。
みるこはびっくりして泣き出しました。
すぐさまその男の子のお母さんが飛んで来て、「あやまりなさい!!」としかって下さいましたが、やんちゃな男の子は何回お母さんがそうおっしゃってもあやまらず、ぷい、と他所へ行ってしまいました。
子供が怪我をしないように、あるいは怪我をさせないように、結構気が気ではありません。
泣いてはいるけれど怪我をしたわけではないので、そのお子さんをしかるのも変な感じで、謝って下さったお母さんに、もちろん、大丈夫ですよ、とは言いましたが、どうリアクションしたら良いのかも難しいところでした。
どこの誰だかお互いに知らない者同士が集まって遊ぶというのは、結構気を使うものです。
図々しく立ち回れないお父さん、お母さんは大変だろうと思いました。

で、その後みること帰ろうと、このプレイルームの外でバギーのセッティングをしていたところ、くだんの男の子が、プレイルームのガラス張りのドアから、ほっぺをくっつけてこちらをじーっと見ていたんです。
それでやっと合点が行きました。
男の子はあの時、わざわざみるこの方へやってきたのですが、それはみるこの事が気になったからだったのです。
恐らく、良い所を見せようとみるこが出そうとしている棚を引っ張り出して、逆に泣かれたのでバツが悪かったのでしょう、でも気になるからずっと見てる。
2歳児でも気になる子にいぢわるするんだ、と感心というかあきれるというか、微笑ましいというか、にやけてしまいました。
そんなオトコ心が全く分からないみるこは、お兄ちゃんの熱い視線を完全に無視してましたが。

家に帰ってその話を夫にしたところ、微笑ましく思うより、これからの事が心配になってきたらしく、みるこを隠しておきたい気持になったようです。
その気持もわかりますが、深窓な女子校に行っても、変わらないですよね、きっと。


2009.03.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/329-83f911fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。