横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
毎日のように幻惑のスイーツを拝見していまして、辛抱たまらず、「ワタクシめにも美味しいリキュールたっぷりのケーキを!!」とにっき先生にケーキをお願いしました。
びっとしている上に気遣いが尋常でないにっき先生は(何せ初めてカステラをお願いした時は、「届くのが13日の金曜日になるが、良いのか?」と確認されたくらいです)、「マリエンホーフのリキュールをたっぷりとなるとおゼゼがかかるが、良いのか?」と引っ越しで大変なことになっているに違いない私の懐具合を心配して下さいました。
大変なことになっているのは間違いないのですが、目がくらんでいるので、生まれて初めて、そして恐らく今後使う事は絶対にないであろう日本語を使ってしまいました。

「お金にいとめはつけません」

あああ、恥ずかしい。
馬鹿な田舎娘じゃのう、と先生は笑われたに違いありません。
そして、届きました、落ち着いた包みが。
P1020087_convert_20081124230636.jpg
どきどきします。
親のどきどきをしり目にもう指を出している赤子がいますが、
包みを開けると、、、
P1020089_convert_20081124230824.jpg
すぐにむんずと掴みました。
悪赤子。
先生すみません、せっかくのケーキを。
こちらのタヌ・・・もとい、本牧夫人様たちが美しい写真をUPされているので、ぜひそちらでご覧ください。
マリエンホーフ社のブラッディオレンジリキュールを使ったショコラオランジュ、使い慣れないカタカナが沢山で、めまいがしそうです。
ショコラは軽やかで、濃厚チョコが幅をきかせている昨今の風潮とは一線を画しています。
フレッシュオレンジを使った生地は爽やか。
そしてリキュールは、「リキュール」と聞いて想像する今までのアレは何だったのかという風味。
本当のオレンジの風味だけ凝縮させたエキスです。
でも取って付けたような強烈な香りではなくて、軽やかなショコラが去った後に残る心地よい香りです。

もったいないので毎日少しずつ頂いております。
そして、何だか高いように前の方に書いてしまっていますが、このケーキのクオリティと使っている材料を考えたら、ぜんぜん安すぎます。
価格を含めて、もったいない、そして有り難いです。
たまーに思う事を思いました。
「生きてて良かったかも」

キッチン山田



2008.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/262-2b3ef697
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。