横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと落ち着きました。
P1010503_convert_20080609160020.jpg

2度目の風邪からずっと、鼻水が出ていない日はなかったので、鼻水が出ていることが当たり前になっていました。
金曜日に保育園にみるこを迎えに行くと、保育士さんから「お鼻が出ていますね」といつものように言われましたが、気にしていませんでした。
その夜、38度を超す熱が出ました。
初めての大熱ですが、目がしっかりしていたので、多分大丈夫だろうと思いました。
朝には下がって、元気そうだったので、病院に連れて行って、肺の音や、耳に異常がないので、風邪でしょう、という事になって、風邪の症状を和らげるお薬と、熱冷ましの座薬をいただきました。
みるこのかかりつけのお医者さんは、子供にむやみにお薬を与えるのをよしとしないお考えで、私もできるだけそのようにしたいと思っているので、座薬はお守りのような気持ちで頂きました。
昼間は熱もなく元気だったので、行こうと思っていた鎌倉はやめましたが、おうちで遊んで、お昼寝の間にのんきなコメントを書いたりしていました。
ところが、夜になって急に熱が上がり、汗ぐっしょりの火の玉みたいになってしまいました。
熱は38度の後半です。
そして、びっくりしたことに、たまに身体がビクッと痙攣するのです。
本人も驚いているようで、ビクッとなるたびに目をまんまるにしています。
熱性痙攣とは症状が違うようですが、初めての事に、背筋がぞっとしました。
(今日、また病院に行って先生に伺ったら、心配する事はない、と言われました)
慌てて、座薬を使いました。
びっくりするほどあっと言う間に平熱になるんですね。
それも少し怖いなと思います。
座薬の効果が切れるとまた熱が38度台になり、日曜はずっと辛くて泣くか、ぐったりと寝ている状態でした。
いつものようにベッドで仰向けは不安なのか、だっこでないと寝てくれず、夫と2人、かわりばんこにずっとだっこしていました。
夕方に泣いて起きた時には目がかなりとろんとして辛そうだったので、2度目の座薬を使いました。
熱冷ましが効くと、いつもの顔になって、にこっと笑ってくれます。
その後、夜半にまた熱が上がり、39.7度にまでなり、のどや脇の下に保冷剤をたくさん付けて、みるこはがんばりました。
夫はそうやっても良くなる訳ではないのに、何度も何度もみるこのお熱を測っていました。

今朝も38度を超す熱があったのですが、病院に行って肺炎などの心配はないと診断されておうちに帰ってから昼寝をして起きたら、いつもの元気な顔になっていました。
平熱です。
また夜に上がるかもしれませんが、峠は越したように思います。
今は、こんな感じで、安らかに一人でお昼寝しています。
P1010487_convert_20080609155842.jpg


みるこは熱で辛い時は泣いてしんどそうにしていましたが、座薬で熱が下がると、とたんににっこりして、両手を私たちにのばして、「遊ぼうよ」と言いたげにしていました。
みるこにはとても良いものばっかりがたくさん詰まっているんだな、と思いました。
きっと、世界中の赤ちゃんたちにも詰まっているんだとおもいます。
その、とっても良いものは、「愛」という言葉に近いもの、ずっと考えていて、一番近しいと思われるのは「信じる心」かなと思います。
これからみるこは、自分の中にある何かを許せなくなって、苦しい思いをする事が出て来るかもしれません。
その時、私は何の役にも立たないかもしれませんが、みるこに良いものばっかり詰まっていた事は覚えておきたいと思います。


2008.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/143-89c39b8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。