横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
装丁がとても優しい雰囲気の離乳食のお料理本です。
著者も、写真家もデザイナーも女性で、料理方法は分かりやすく、可愛いらしく美味しそうな離乳食がおしゃれに紹介されています。
ただし、料理法ではなく、たまに挿入される著者からの一言がいちいちコウルサイので注意が必要です。
やれ食器や調理器具は都度熱湯消毒しろとか、カトラリーは親と別にしろとか、今時はお姑さんでも言わない事を要求されます。
レンジではなく蒸し器を使いましょう、無農薬の野菜を使いましょう、と、そこはお母さんの判断にまかせましょうよ、という所まで口を出してきます。
あげく、「私(著者)はできましたよ」と。
思わず、そりゃおみゃあさんは料理研究家だけん、あたあまえだわね(出雲弁)、と言いたくなりました。
初めての育児や離乳食を余裕シャクシャクでなさっているお母さんはほとんどいないと思います。
ぎうぎうの人に正論をぶつけるとこんなに鬱陶しく取られてしまうものかと、良く分かりました。
私も気をつけなくてはいけないな、と思いました。
レシピは使えるし、コミュニケーションの勉強にもなって、以外と買いかもしれません。
同じ著者の「はじめてのスープ」はうるさくありませんでした。

はじめてのごはん―こどもといっしょに食べるはじめてのごはん―こどもといっしょに食べる
(2005/04)
野口 真紀

商品詳細を見る
2008.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekonekodo370.blog71.fc2.com/tb.php/130-30c54482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。