横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう終わり?そうなんです。ちょっとしかいなくて近所の散歩しかしなかったもんで。
出雲縁結び空港にてお見送りしてくれる島根のゆるキャラしまねっこちゃん。

IMG_4284_convert_20110523014042.jpg

趣味はそば打ちだそうです。
スポンサーサイト
2011.05.26 / Top↑
甘い物もご紹介しておかなくてはですよね。
松江は茶人であった松江藩七代目藩主・松平冶郷(不昧公)の影響で、和菓子が盛んな地です。
不昧公が好んだ茶室、明々庵や観月庵は今も残っていてお抹茶が頂けますので、こちらも足を運んで頂きたいところ。
城山に行くと寄りやすいので、「ヘルンの小径」にお邪魔しました。

ぶぶだんごを焼いています。
IMG_4218_convert_20110523005806.jpg
焼いただんごにたっぷり餡子をつけて(味噌にもできます)、ボリューミーな甘味です。

こちらでは「ぼてぼて茶」も頂けます。
IMG_4220_convert_20110523005846.jpg
お茶漬けみたいなものですかね。
まあ話のネタですわ。

お抹茶はしゃっちょこばってません。
IMG_4221_convert_20110523005941.jpg

家で頂く時なんて、ポットから直接こぽこぽお湯を入れて立てるんです。
インスタントコーヒー感覚ですね。
おうすが日常飲料なので、肩肘張った感はありません。

ちょっと時間を置いて、新しくできた松江歴史館へ。
堀川遊覧の船頭さんがこちらで和菓子の実演をしている、とおっしゃってたもので。

歴史館にある喫茶コーナーから見える中庭です。
IMG_4256_convert_20110523010116.jpg
こちらは入館料を払わなくても利用できるので、お茶する場所としても使えそうですよ。

いらっしゃいました。現代の名工、伊丹二夫さん、とのことです。
IMG_4248_convert_20110523010029.jpg

和菓子を作っていらっしゃいます。
IMG_4253_convert_20110523010200.jpg
こういうの見るのって楽しいですよね。
みるこも見入っていました。

出来上がったばかりの作品をいただけます。
牡丹。
IMG_4258_convert_20110523010334.jpg

宍道湖の夕日。
IMG_4259_convert_20110523010423.jpg
こっちの方が好きかな。

どちらも大きめで甘いです。
そうか、伊丹さんは彩雲堂のご出身か。分かるなあ。
松江の家庭ではお抹茶は2服頂くのが普通。
大きめでしっかりとした甘さのある和菓子が好まれます。
お土産用の和菓子ではなく、せっかくですから、甘い上生菓子をその場で召し上がってみてくださいね。
2011.05.25 / Top↑
松江城にいらしたら、ぜひこちらも覗いてみてくださいまし。

稲荷神社。
IMG_4222_convert_20110523003313.jpg
こんな階段も躊躇せずに登れるようになったみるこ。
以前なら「だっこ~」だったのに。
階段を上り下りするのが楽しいみたいです。
保育園で丘公園にお散歩に行くからかな。

さてこの稲荷神社。
近所に住んでいた小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が通っていて、こちらのおいなりさんを気に入っていたとか、いないとか。
気に入っていたとされるお狐様。
IMG_4226_convert_20110523003556.jpg

神社には大小2000体のおいなりさんがいます。
そんなに大きくない神社なんですよ。
狐でぎうぎうですね。
こんな角が取れた狐さんたちが私は好きかな。
IMG_4223_convert_20110523003738.jpg

何か特別すごい、って訳じゃありませんが、狐の世界の入り口のような風情もあり、なかなか面白い場所ですよ。
IMG_4229_convert_20110523003648.jpg
2011.05.24 / Top↑
松江城の周りにはお堀が残っておりまして、堀川をめぐる遊覧船が運行しています。
松江堀川遊覧船
これだけは、ぜひ乗って頂きたいところです。
今回は良いお天気でしたが、雨でも、雪でも、それぞれの風情があります。
水上から眺める景色は松江らしさに満ちていて、松江観光を堪能するのに最も適しているように思います。

みるこ初遊覧。城山からスタートです。
IMG_4119_convert_20110522234756.jpg

古い橋をくぐって行きます。
IMG_4134_convert_20110522234917.jpg

向こうに見えているのは県立図書館。
ちょっとカッッコ良い建物です。
IMG_4143_convert_20110522235038.jpg
建築家、菊竹 清訓の設計でして、松江には菊竹の作品が何故か沢山あります。
島根県立美術館も菊竹ですね。

何の建物か確認できなかったのですが、ちょっと洒落てますよね。
IMG_4150_convert_20110522235126.jpg
病院か薬局なんだろうなあ。

コース半分くらいで、2番目の船着き場、カラコロ広場です。
IMG_4162_convert_20110522235219.jpg
後ろの方に見えているピンクの土壁の建物は和菓子屋です。
昔からの商店街でして、和菓子屋は5軒ほど。
文人が集ったという旅館「皆美館」はこの商店街にあります。
ちなみに私はこの商店街にあるmod's hair で髪を切ってもらってました。
造り酒屋なんかもありますので、ここで一旦降りて、ぶらりとしてみるのも良いものです。

というのも堀川遊覧は1日乗船券でして、1日のうちに何回、どこで乗り降りしてもOKなんです。
これは良いサービスですよね。

遊覧の後半。
普通の民家が増えてきまして、橋が小さく、低くなります。
低くなると船の屋根が橋桁にぶつかってしまいます。
どうするかというと、船の天井が下がって来ます。
IMG_4177_convert_20110522235431.jpg
寝転ばないと頭が当たっちゃうくらい天井が下がりまして、なかなかスリリングです。
これが楽しいんですよ。

お堀には色々な動植物がいます。
馴れたもので、カルガモなんかは全く動じません。
IMG_4190_convert_20110522235556.jpg
亀やカワウ、カワセミなんかも見かけます。
お城の石垣の穴に入って行く猫もいました。

さてぐるっと一周。
松江城が見えて来ました。
IMG_4202_convert_20110522235642.jpg

満足して頂ける事間違いナシの堀川遊覧。
松江に要らした際にはぜひどうぞ。


2011.05.23 / Top↑
松江話をちょっと中断させて頂いて、お願いの回です。

昨年大きな青い花を沢山つけた、「万代紫泉」という朝顔。
IMG_1953_convert_20100822084704_convert_20110522131405.jpg
秋にみること種を取りました。

少しですが、ご希望の方にお分けしたいと思います。
ちーさんのお店、CAFE☆STARにご厚意で置かせていただいています。
お分けさせて頂く代金、5粒200円は浄財にさせて頂きます。
どうぞお願い申し上げます。

参考サイト
アサガオの育て方

猫足です。
なんで200円なのかと言い訳しますと、もともとこの朝顔の種は昨年のチューリップ祭りに出店していた「横浜朝顔の会」にて購入させて頂いたのですが、その時のお代が5粒300円だっんです。
それよりは少し安くした方が良いかなあというだけでして。
ポットなどを利用しなくても、咲かせたいプランターに直に一晩ふやかした種を撒けばほぼ確実に芽が出ますよ。
2011.05.22 / Top↑
松江のランドマーク、松江城。
みるこも初めて近くまで来ました。
IMG_4239_convert_20110515025815.jpg

ご興味がある方はウィキしてくださいね。
可愛らしいお城で、お城がある辺りをお城とまとめて、地元民は「城山」(じょうざん)と呼びます。
小さい頃大阪に住んでいて、あのデカイ大阪城を見て育ったので、引っ越して来た頃はちっぽけで迫力の無い城だと生意気にも思ったもんです。
今となってはコンパクトで中々カッコいいじゃないかと思ってます。
千鳥城、なんて、可愛い別名もあるんですよ。
IMG_4245_convert_20110515030325.jpg

みるこがまだ難しいかと思い、今回は入りませんでしたが、ここまでいらしたら、ぜひ天守閣にも登って見て下さいね。
宍道湖ののどかな景色が良く見えますよ。

お城の周りは森でして、良い感じで苔むしてたりしますがあんまりきちっと整備されてません。
IMG_4232_convert_20110515030150.jpg
GWだからもう少しお客様がいらしても良さそうなものですが、静かなものです。
静かにお城を楽しみたい方に最適ですよ。

城山にあるマンホールなんぞも紹介させていただきましょうか。
IMG_4231_convert_20110515030031.jpg
武家屋敷ですね。

IMG_4230_convert_20110515025939.jpg
ごめんなさい、どこだか分からない非ケンミンです。
お城の下では野点も楽しめます。
松江に来たら、松江城、いらしてくださいまし。

2011.05.20 / Top↑
実家を離れていとひさし。
今までGWに帰るってことあまりなかったんです。
日本中が気落ちしているなか、可愛い孫の顔でもみせちゃろかと、松江に少し帰省しました。

みるこが一番楽しかったのは、大好きな実家の犬、ルパンとのお散歩かな。
IMG_4080_convert_20110515022611.jpg

短い期間だったこともあり、特に何もすることなく、近所のお散歩ばかり。
IMG_4090_convert_20110515022742.jpg

こちらは別の公園。
IMG_4103_convert_20110515022833.jpg
これ、何て言うんでしたっけ。
みるこお初でした。

IMG_4109_convert_20110515022921.jpg

砂場でケーキを作成。
IMG_4118_convert_20110515023017.jpg

あんまり小さい子供を見なかったなあ。

今年、松江開府400年です。が、あんまり知られておりません。
あんまりいらっしゃる機会もない所ですよね。
次回から、ちょっと松江見物をご紹介したく、あんまり期待せずにご覧頂ければ幸いです。
2011.05.18 / Top↑
港署(『あぶない刑事』ね)が出前を取りそうな名前の中華屋さんが、本牧の山手署からほど近い所にあります。
保育園の行き帰り、毎日のように前を通っていてずっと気になっていました。
2月の末ごろだったかな、みるこが「おそとでごはんたべたい~」と言い出して、寄らせて頂くことに。
がらりとドアを開けると常連さんらしきグループが2組。
外から見るとひっそりしていますが、なかなかの賑わいで、どちらもくつろいでご飯とビールを召し上がっている
ご様子。
店内は暗めで、何年か前で時間が止まっているような雰囲気です。
わたしたち親子の来店にちょっと驚いた様子の常連さんたち。
新客がくつろげるよう、心配りを始めてくださったようです。
1組はかなりのたばこ吸いらしいのにたばこを控えてくださり、もう1組は勝手にお店の冷蔵庫からお店の方のお
やつを出してきてみるこに振る舞ってくださいました。
それを見つけたお店の方、笑いながら「あらまあ、自分だけ人気者になろうとして」とおっしゃるその鷹揚さに、ああ、良いお店なんだ、としみじみしました。
身体が、気持ちが、この場所に急速に馴染んで行くのを感じます。

美味しいとか美味しくないとか、安いとか高いとか、まあ馬鹿馬鹿しい話を毎回している訳ですが、このお店はそんな次元になさそうです。

とは言え、美味しくてボリューミィなのは確かです。
せっかくなのでご紹介。
IMG_3989_convert_20110515005751.jpg
天津丼など、丼物には大きなスープがついて来るみたいです。

IMG_3990_convert_20110515005834.jpg
ニンニクの利いた餃子はあくまで懐かしく。

「五目ラーメン」と注文して、良い意味で裏切られました。
IMG_3991_convert_20110515005935.jpg
イイカンジでしょう?

そしてつい最近、うにさんを無理矢理お連れした時のカツ丼。
写真

うにさんとは互いにブロガーだと認識しているのにお互いのブログをちゃんと読んでいない、というダルダルな感じがとても心地よく。
またぜひ遊んでくださいね、とここで書いても読んでない可能性が高くてそれも楽しい次第です。

さて、来来軒ですが、夜八時まで、月火はお休みのようです。
最初にお邪魔させて頂いて常連さん達の歓待を受けた日、最後の方でやはり常連さんらしき女性がいらして、帰りに「新聞紙をもらえないか」とお店の方にお願いしてらっしゃいました。
今日の新聞が読みたいのかと思ったら、飼っているネコの猫砂として古新聞が欲しいからだそうで。
お店の方はびっくりする様子も無く、お住まいなのかな、二階から古新聞の束を持っていらっしゃいました。
ね、良いお店でしょう。





2011.05.17 / Top↑
先日、保育園で懇談会がありました。
今までで一番参加人数が多かったです。
やはり気になる事が沢山あるからでしょうか。
子供たちの家での様子を各父兄が話して、保育士さんが保育園からの連絡事項をお話してくださいます。
その中で、地震が起こった時の対応方法についてもお話がありました。

保育園が、というか横浜市が避難場所として指定しているのは北方小学校と山頂公園です。
どちらも保育園からは距離があり、現実的ではありません。
もし津波警報が出たら、丘公園に登る事になりそうだというのが今の見解のようです。
みるこたちがいつもお散歩で楽しみに登っている階段。
急いで、怖い顔をして登る日が来ない事を祈るばかりです。

そして、また大規模な地震が起こり、震度5を越えたら
「保育園に戻って下さい」
とのことでした。
311では、やはり当日戻って来れなかった保護者の方もいらしたようです。
戻れない事は分かるが、戻る努力をしてほしい、というのが保育園からのお願いでした。
当然と言えば当然。
ですが、同じ事が起こった場合、勿論誰もが帰りたいと思い、その努力も惜しまないとは思いますが、その事によって更なる混乱が生じる可能性が高い事も今回の事で良く分かりました。
私たちのように都内など横浜市から離れて勤務している場合、その場から動いても動かなくても、子供に会える時間はそれほど変わりません。
であれば、自ら混乱を招くような事(無理に帰宅するような事)は避けた方が良いのではとも思います。
無理をして帰る道を選んだが故に、道路の混雑などで救えるはずの命が救えなかったかもしれない(救急車が通れないなどで)可能性もあります。
何を優先すべきかは本当にちゃんと考えなくてはならないですよね。

自分はどうするか?
帰りますね。無理をして。
前回、私は夫が迎えに行けると分かった時点で、品川で一泊する術を探すべきでした。
万が一同じような状況になれば、その時は帰りたくても我慢すると思います。
ですが夫が早く迎えにいけるかどうか分からなかったら?
誰か、例えば近くに住む同じ保育園のお母さんにお願いしてみるか?
考えましたが、やはりそれはできないと思いました。

お願いした誰かが迎えに行く途中で何かあったら、あるいはみるこを迎えに行ってくださってみること一緒になった後に何かがあったら、考えてみると、お願いできることではないという結論になりました。
みるこを預けれるのは、夫しかいないんです。
ですので、申し訳ありませんが帰るつもりです。
今回の勤務地は自転車通勤ができないので、以前と同じ品川駅に自転車を停めたままにしています。
電車が動かなくなったら、品川まで歩き、自転車で帰ろうと思います。
震度5を越えたら自転車で横浜に帰る。
311から2ヶ月、へたれな私が唯一確信を持って決めた事です。
2011.05.16 / Top↑
GW初日と二日目、お天気が良かったので三渓園へお散歩へ。
もうだいぶ前ですねえ。さぼりすぎですなあ、にゃはは。

みるこの自転車で向かいます。
だいぶ自分でこいでくれるようになりました。
でも足を「ぐるん」とは出来ないんです。
上下に動かすのみ。
先輩ママに伺ったら、最初は彼女の娘さんもそうだったとのこと。
2番目のお子さんはお姉ちゃんができるようになっているのを真似るので、すぐに「ぐるん」とこげるようになったそうです。

いつも通り大池の鯉にぽいぽいして、
IMG_4010_convert_20110515001033.jpg
みるこだいぶ足元がしっかりしてきたので園内をお散歩します。
せせらぎを眺めて古民家方面へ。
IMG_4018_convert_20110515001259.jpg

IMG_4021_convert_20110515001441.jpg

シャガがきれいでした。
IMG_4020_convert_20110515001349.jpg

IMG_4030_convert_20110515001628.jpg
古民家で「おべんきょう」。
IMG_4023_convert_20110515001531.jpg
みるこ横浜の名所のあちこちで「おべんきょう」してます。


次の日は最近お友達になった「しゃーちゃん」をおんぶして向かいました。
IMG_4068_convert_20110515001722.jpg
しゃーちゃんのしっぽが出てますね。
藤が見頃で、藤の花にクマバチがたくさん集まっていました。
IMG_4073_convert_20110515001817.jpg

幅が狭い橋もひとりで渡って行くみるこ。
IMG_4071_convert_20110515002250.jpg
三歳児のクラス、らっこ組になって、本当におねえちゃんになりました。
ここで足腰を鍛えて、鎌倉アルプスのハイキングにいつか一緒に行きたいなあ。
2011.05.15 / Top↑
去年も書きましたが、5月は柏餅ですよね。
タウンページの「和菓子屋」で検索したところ、柏餅が置いてありそうな
中区の和菓子屋さんは10軒ほどでした。
中区と我が故郷、島根県松江市はほぼ人口が同じ(15万弱)です。
松江に和菓子屋が10軒しか無かったら、、、考えられません(多分3,4倍くらいあると思います)。
はまっこは和菓子に興味が無いのかしら。
必要な時はデパートで購入されるんでしょうかね。
とはいえまだ柏餅を買った事の無いお店がけっこうあります。
タウンページに載っていないお店も含めて、柏餅開拓月間とさせて頂きます。

4月中にいただいた分をまずはご報告。

伊勢佐木 みのや本店
IMG_3937_convert_20110514234924.jpg
皮がみずみずしい。餡はほんのりとした甘みでかなり上品です。
相当な技術力を感じますが、品が良すぎでちょっと何食べてるんだか分からなくなる瞬間あり。
そして高い!柏餅は100円台でお願いしたいなあ。
こちらは羊羹や上生菓子が良いのかな。
店員さんが品が良くて気持ちよくお買い物ができますよね。

馬車道 松むら
IMG_3932_convert_20110514234833.jpg
こちらも皮がみずみずしい。
単純な作業に見えて、難しいんですよね、柏餅の皮。
みのやにしても、かなりの工数をかけていそうです。
ここは餡が甘い!甘い!がつんと白砂糖の味がきて、ずっと甘さが続きます。
他の和菓子を食べた事あるけれどここまで甘くなかったんですが。
柏餅用に甘めの餡を作っているのかもしれません。

野毛 もみぢ
IMG_3997_convert_20110514235206.jpg

お店の佇まいごと愛すべき良いお店ですね。
IMG_3992_convert_20110514235031.jpg

IMG_3993_convert_20110514235116.jpg
置いてある和菓子のラインナップにお店の下町和菓子への愛を感じます。
「ああ、柏餅を今食べている!」と実感できるグローバル・スタンダードな柏餅。
今年度NO1は暫定ですが、こちらの柏餅です。
すあまもとっても美味しかったです。

猫足です。
会社が4月末で引っ越ししまして、最後にご近所、北品川の商店街にある「伊勢屋」で柏餅を買いました。
IMG_4003_convert_20110514235301.jpg
ちょっとゲテなんですが、下町味で美味しくてボリューム満点。
そして130円と大変安価。
東京はやっぱり凄いなあ。
2011.05.14 / Top↑
保育園の帰り、自転車の後ろで急に言い出しました。

あした、レオくんとちぇっこんするの!

そりゃ目出たい。
みるこレオ君のこと大好きです。

結婚式の後、ハンバーグ食べに行く、とか、妄想を話してくれます。
どうもプロポーズはみるこからしたらしい。
肉食系女。

次の日、結婚できた?と聞くと、ううん、と。
どうも振られたらしい。
しょうもない親馬鹿ですが、なんだか切なくなりました。
それでもめげずにみるこの結婚妄想は今も続いています。

割と何でも食べるみるこですが、最近辛いものも食べるようになってきました。
以前は少し辛いと絶対口をつけなかったのですが、例えばちーさんのお店、CAFE☆STARで豚肉の柚子胡椒炒め、なんてのがあると、躊躇せず沢山食べます。
キムチも私が食べていると食べたがり、少しだけ食べて、からーい!と喜んでます。

「取り返しのつかない事」があるのだと身にしみたようです。
IMG_4290_convert_20110507074218.jpg
頂いた、大切なチケット。
切ってしまいました。
使えなくなった事を知ったみるこ、これはこたえたようで、珍しく少し落ち込んでました。

保育園で覚えてきたこの歌を、大きな声でよく歌っています。

春の風が 吹いて来たら
めだかも、ちょうちょも、小鳥たちも
楽しそうに 歌うだろう
春だよ 僕らの 春が来たんだ
北風なんか あっちの方へ行っちゃえ
素敵な春が ほんとに 来たんだ 
わーい、わい!
2011.05.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。