横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
○○ちゃん、明日のマラソン大会、しんどいから一緒にずっと歩こうね。

こんな女の子同士の約束が、果たされる事など絶対に無いのです。

ねこてんちゃん、今度一緒に横浜橋の美味しい中華食べに行こうね、行く時は誘うからね。

信じて待っていたら「今一緒に食べてます」と同席の御方様からのブラックメールが。
こんなもんですよね、女同士のつながりなんて。

しょうがないから個別で行きましたよ、酔来軒。
座敷があるんですね。
みること一緒でも入りやすいです。

名物の酔来丼とミニラーメン。
IMG_2934_convert_20091225120209.jpg
ぜんぜん「ミニ」じゃないですね。
みること一緒だったので酔来丼のソースの芥子は控えめに。
でもガツンと入れた方が美味しいんだろうな~。
このセットで600円ですよ、奥さん!
2セット頼んでも1200円。
天王洲じゃ蕎麦1人前でそれくらいですよ。

焼売もボリューミィで美味しかったです。
IMG_2935_convert_20091225120231.jpg
また行きたいなあ。
今度こそ誘ってくださいよ、姐さん!


酔来軒
スポンサーサイト
2009.12.30 / Top↑
大人の女性ですもの、お気に入りの「一杯やれる」お蕎麦屋さんの1軒くらいは持ってないとですよね。
実は持ってませんで、募集中です。
お蕎麦は大好きなんですが、大好きだから沢山食べたい(愛宕の港屋みたいなのもかなり好き♪このお店を検索して初めてほんまさんを知った記念すべき立ち食いそば屋さんです。お近くにいらっしゃる時は覗くだけでもぜひ)のでお蕎麦だけ何枚も頼んじゃう方なんです。

でも今回は大人の女性さみぃ姐さんとご一緒なので、蕎麦屋らしいサイドメニューも。
IMG_2925_convert_20091225115754.jpg
卵焼き、でかっ!
みるこ、わしわしと食べてました。
あれ、「大人の蕎麦」なんじゃ、、、
そしてかき揚げ
IMG_2927_convert_20091225115823.jpg
普通の天ぷらサイズのネタが巨大な衣で一緒くたになって揚げられてます。
これ作るの腕が要るでしょうね。

さて、お店は山元町の「山本」さんです。
山本小学校の真ん前、住宅街にあります。
ごく近所に住んでましたので気にはなってたのですが、近くに仙良庵もあるし(仙良庵も美味しいですよね)、一見はちと入りづらい雰囲気もあって行った事がありませんでした。
入ってみるとお店の方は子連れにも優しいし、お座敷もあるし、これはみること入れる希有なお蕎麦家さんじゃないですか。

もりそばを
IMG_2928_convert_20091225115857.jpg
品の良い、別嬪さんです。
のど越し良く、美味しかった。
きっとまた行きます。
誘ってくださったさみぃ姐さん、ありがとうございました。


石臼挽手打ち蕎麦 横浜 山本


2009.12.29 / Top↑
「どっちのカレー行く?」と選べるなんて、なんて贅沢なんでしょう。
根岸駅の近くの「タージタンドール」と、更にご近所にオープンした「オンボンボ」さんです。
IMG_2149_convert_20091225115311.jpg
2階なのでちと入りづらいですが、入ってしまえばとてもフレンドリーなインド人コックさんが優しく迎えてくださいます。
子供連れでも全く問題ないです。
謎、なのは、そのお店の名前で、ヒンドゥー語などのインド圏の言葉じゃなくて、オーナーの造語なんだそうで、意味は?とコックさんに聞くと「うーん???」って感じなんです。
そしてオーナーは女性で、お店の近くの歯医者さんの受付をされてるとか。
お店に出たいけれど歯医者さんが忙しくてなかなか帰してくれないの、とはそのオーナーのお母さんの弁で、夕方、お嬢さんの代わりにお店のヘルプに来てらっしゃるのですが、正直あまりヘルプになってないような(とっても良い方なんですけどね、商売っけがなさすぎで)。。。
二足の草蛙で頑張る女性オーナにはまだお会いした事ないです。
肝心のお味は、タージタンドールに比べるとナチュラル路線。
カレーもナンも優しい味付けになってます。
お店で流しているインド映画の映画音楽にあわせて、大きな声で歌いながらお料理を作るコックさん。
そんなおおらかさがお料理に出ていています。

最初はセットを頼みまして、2回目は美味しかったナンをあれこれ頼んでみようかと言う事に。
カレーは「今日のカレー」で、茄子とじゃが芋だったかな。
IMG_2913_convert_20091225115600.jpg
「マイルド」にしてもらうと、みるこも食べられます。
ちょっと油が多めですが美味しいです。
そしてナン。
IMG_2911_convert_20091225115058.jpg
胡麻のナンにしました。
外側にも中にもこれでもかと白ごまが使われてて、カレーにもよくマッチして美味しいです。
普通のナンとあまり変わらない価格なので、お得感が高いです。
チーズナン。
IMG_2914_convert_20091225115627.jpg
割と予想どおりのお味でして、ガツンと食べたい時に良さそうです。
そして、カプリナン。
IMG_2912_convert_20091225115357.jpg
「ナッツがたっぷり入った」と書いてありましたが、ココナッツオンリー、かなり大量に入っています。
ココナッツが嫌いじゃ無ければ、かなり美味しいです。
甘いので副食というよりデザート感覚ですね。
これ、kikoさんに食べてもらいたいなあ。

まだまだお客さんが定着してないみたいで、よく寒い中、チラシを配りに夕方コックさんが立ってますよね。
美味しいし、何だか不思議だし、こちらもこれからも頑張って頂きたいご近所美味しいもの屋さんです。


インド料理ONBOMBO
2009.12.28 / Top↑
本牧に越して来て、本当に良かったです。
お散歩には三渓園に行けるし、お買い物に行くお店も揃ってます。
ご近所には頼れる野菜屋さんのマルシェ21
お魚はかぶやま水産さん。
そして、お肉屋さんは川津さん。

通りから少し入るので分かりづらいですが、看板は割と目につきます。
80年以上の歴史のあるお肉屋さんなんだそうで、働き者のご家族が営んでらっしゃいます。
牛肉や豚肉が、スーパーと変わらない価格なのにとっても上質で、量が多くなくても満足感が高いんです。
そしてみなさん、みるこにとっても優しく、それがみるこにも分かるみたいで、近くを通るたびに「おにくしゃん、いく?」と聞いて来て、「今日は行かない」と言うと残念そうにします。
最近、夕方からのお弁当を始められたので買ってみました。
IMG_2933_convert_20091225115927.jpg
ハンバーグ弁当と焼肉弁当です。
どちらもとっても美味しかったです。
美味しいお米のご飯は1つでゆうに二人分あります(恰幅の良い若旦那が詰めてまして)。

ちょっとラインナップを書いておきます。
焼きたて焼肉弁当 \548
自家製ハンバーグ弁当 \525
生姜焼き弁当 \520
とんかつ弁当 \567
から揚げ弁当 \510

この他にも好きなお惣菜を選択するお好み弁当があります。
美味しいお肉を置いているお肉屋さんですからね、お肉は間違いないです。
あと、お惣菜は6時半くらいになると半額になるんですが、普段でもお安いのが半額でかなりお得です。
三渓園商店街のお店、こないだも一軒たたんでしまいましたが、これからも頑張っていただきたい、とっても貴重であり難いお店です。

川津精肉店
定休日:日祝日
住所:中区本牧三之谷2-12
TEL:045-621-0029
2009.12.27 / Top↑
長白山、2階は大勢で宴会ができるようになってるみたいですね。
この間、精進落としらしき団体さんが楽しげに飲み食いしてました。
良い精進落としですよねえ。
てことは子供連れ家族連れ宴会も大丈夫そう。
ゆゆさん、次回、子連れ団体だったらいかがです?

それはさておき、深いです、長白山。
いつかのランチでいただいたモツ煮込み。
IMG_2190_convert_20091225114827.jpg
これ、ランチにあったらおススメです。
身体が芯から暖まります。
豆板醤だけでない、奥行きのある辛みがあります。

こちらもいつかのお昼にいただいたサンマー麺。
IMG_2731_convert_20091225115027.jpg
餡のタイプではなく、塩です。
野菜はすべて麺にあわせて細く切ってあり、モヤシも細い物を使っています。
そしてただ炒めただけでない、何かバターのような風味がかすかにするんですよね。

リーさん、ゆゆさんに教えていただいたお母さんの作る愛玉子も絶品(何故かみるこはこれが好みに合わないみたいで、独り占めできる楽しみも有り)です。
愛玉子もかなりの工程で作られてるみたいです。
あの優しげなのれんの向こうで何が行われているのか。
ヘビースモーカーの旦那さん、お元気で長く続けていただきたいものです。


長白山
2009.12.26 / Top↑
12月20日、三渓園の紅葉ライトアップ、紅葉の夕べの最後に行ってきました。
寒い日で、お茶屋さんも閉まっていてお客さんは一握り。
静かな催しでした。
三渓園に行く時にいつも持って行ってる鯉用のパン(本牧館でパンの耳を仕入れてます)、この時も持って行きましたが、日中あんだけ食欲おおせいなのが嘘のように寄ってきません。
動物って、生活サイクルをきちっと守ってるんですねえ。

三渓園の中のお茶室の一つ、横笛庵でほうじ茶と京番茶をいただきました。
IMG_2917_convert_20091225115652.jpg
京番茶は初めていただきました。
京番茶もほうじ茶なんですね。
でも普通のほうじ茶より煙たいというか、スモーキー、ちょっとクセがあります。
みるこはほうじ茶も京番茶も「あたかい、おいしい」と美味しくいただきました。

紅葉は終わりでしたが
IMG_2918_convert_20091225115727.jpg
いつもとは違う顔の三渓園、こちらも美しかったです。
来年もまた来よう。
2009.12.25 / Top↑
今年も凄かったです。
IMG_2936_convert_20091225120445.jpg
シャモロック
クラムチャウダー
トマトの肉詰め
ニョッキの(多分)ポルチーニソース和え
ラタトゥイユ(多分、ちーさんと同じレシピ♪)
じゃが芋グラタン
そして、ドライシードル。

ねこてん家では3、4日かけて頂いて、更に鳥の骨はお正月のお雑煮の出汁にします。
素晴らしいコストパフォーマンス。
正にシェフからのクリスマスプレゼントです。
今年も、御馳走様でした。

ビストロ・ショー・ラパン


明日から旅行だと言うのに風邪っぴきで寝ているみるこ。
その横で、たまっている美味しい物を予約投稿であげていきます。
みなさま、良いお年を。
2009.12.25 / Top↑
先週、ああ、出てるんだと急に思い出しまして品川駅の本屋さんへ。
今年も「このミステリーがすごい」の季節です。
しかし、読んでないこと甚だしい。
ベストテンの作品、一個も読んでないし、昨年読もうと記録していたやつさえも読んでない。
さみぃ姐さんや御方様に御本をお借りしたり、アリーマさんに発破をかけられなきゃ、もっと読んでなかったろうと思います。
人生にはそんな時期もあるんですね。
昨年読もうと思ってて、何とか読めた中では、トム・ロブ・スミス 『チャイルド44』は確かに凄かったです。
それからジョー・ヒル 『20世紀の幽霊たち』もかなり良かった。
お父さんのスティーブン・キングよりずっと「モダンホラー」という言葉が似合う傑作ぞろいの短編(もっともキングは短編が上手じゃないですけどね)でした。
このお二人はフォローしていこうと思います。

そして今年の海外。
そうでしたか、ウィンズロウ新作が出てたんですね。
それすら知らなかった。どんだけ本屋に行ってないんだか。
そのウインズロウの新作を翻した東江一紀のコメントが載っていました。
東江さんはウィンズロウを訳している時に深刻な食道ガンがみつかり、何とか生還できたのだとか。
そしてウィンズロウを始め、好きな作家の翻訳だけでは食べて行けないので不本意なお仕事で凌いでいらっしゃるそうです。
東江一紀セレクトの海外本はもうワタクシの中では鉄板でして、まず外れが無い。
ミステリィは「大人の世界」であるという理想の中にいさせてくれる大リスペクトな翻訳家さんです。
でも食べて行けないんだ。
でも還って来て下さって本当に良かった。
これからもぜひ素晴らしい翻訳本を、心からお待ちしています。

今年の備忘録
★すぐに購入
ドン・ウィンズロウ 『犬の力』角川文庫
トム・ロブ・スミス 『グラーグ57』新潮文庫 ※いい加減読みます
米澤穂信 『秋期限定栗きんとん事件』創元推理文庫

★文庫になったら購入
スティーグ・ラーソン 『ミレニアム』
アラン・ムーア&エディ・キャンベル 『フロム・ヘル』
ジェフリー・ディーヴァー 『ソウル・コレクター』
北村薫 『鷺と雪』
柳広司 『ダブル・ジョーカー』
綾辻行人 『Another』

「即買い」が少なくてちょっとほっとしていたりして。

さて、そのリスペクト東江一紀翻訳本、どれが一番かとなると、難しいですが、やはりせっかくなのでウィンズロウの一作目をあげておきます。
哀しく、切なく、そしてユーモアがある。
ウィンズロウにはいつも他者への思いやりのこもった眼差しがあって、その原点であるこの作品は何度読んでも読後、爽やかな気持になれる快作です。
紹介してくださった東江さんに感謝。
ストリート・キッズ (創元推理文庫)ストリート・キッズ (創元推理文庫)
(1993/11)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る
2009.12.18 / Top↑
12月12日土曜日、保育園でおたのしみ会がありました。
みるこのお遊戯風景を見れる希有な機会です。
開始が早くて(8時半までに集合、いつもと大差ないです)ちと辛いですが、寒風の中みること登園しました。

最初に保育士さんと園児の体操があって、ホールの中央に集められたのですが、みるこはいつもと違う雰囲気に圧倒されたのか嫌がって私の所に戻って来てしまいました。
その後保護者と一緒にホールで手遊びをするのがあって、その時もちょっと緊張の面持ちのみるこ。
いつもならキャッキャ言う「むすんでひらいて」でも固くなってました。

その次にみるこのクラスの発表会があって、「かえるのうた」を歌ったり、体操をするのですが、これまでの緊張もあり、これは今日は無理だね、と思っていました。
でも先生が「集まって~」と声をかけると、私の膝からすっと自分で立って、てこてことホールに向かい、みんなと並び始めました。
お歌が始まってからも、いやいやになることなく、ちゃんと歌い、体操では、一番しゃんときっちり踊っていました。

沢山の人の前で堂々とでも自然に振る舞うみるこを見て、親の欲目を抜きにしても天性のエンターテナーを感じてしまい、これからみること何を目指して行こうか楽しく悩むところです。
2009.12.17 / Top↑
あまり無いんですよね。
横浜市図書館検索で「斜視」と検索した中から、みるこに関係ありそうで、2000年以降発売された中から借りてみました。
斜視に関係なく、興味深い、全く知らなかった事が沢山あって大変勉強になりました。
まずは子供って目が悪いんですね。
生後5日目で 0.03
6ヶ月で 0.2
3歳くらいから 1.0になる子がでてきて
6歳で多くが 1.0 
自転車のカゴの中から、スーパーのガチャガチャのアンパンマンを見つけて喜ぶみるこ。
もっと視力が良いものだと思っていました。
また、以前みるこがウインクをすると書きましたが、英語で斜視の事を「squint」と言う事もあって、これは「片目つむり」を表す言葉だそうで、斜視の子が片目をつぶる事が多いからだとか。
ウインクはみるこの茶目っ気だとばかり思っていましたが、こんな事に繋がるなんて。

さて、借りた本です。

書名   :眼の話
シリーズ :メディカルサイエンスシリーズ 8
著者名  :河合憲司/著
出版者  :東海大学出版会 出版年  :2007.12
ISBN :978-4-486-01708-0
定価 :1,680 円

斜視について書かれているのは一部で、目の医療について広く浅く書かれている本です。
治療法などを模索されている方には向きません。
参考図書を逆引きするのに良いと思います。

書名   :斜視Q&A 101
副書名  :斜視のお子さまをお持ちの保護者の方々へ
著者名  :David Taylor/著 , Jane Walker/著 , Christine Timms/著 , 瀧畑能子/訳
出版者  :メディカル葵出版
出版年  :2005.6
ISBN :4-89635-226-2
定価 :1,000 円

こちらは正に斜視専門の本でした。
具体的に保護者向けにかかれているので、かなり参考になります。
ただ、イギリスの本なので、日本の医療現場とずれている可能性もあって、その辺りが素人には判断つかないんですよね。
今後のために、これは買っても良いと思いました。

書名   :Dr.エミコの何でも訊けちゃう目の相談室
著者名  :谷恵美子/著
出版者  :鶴書院
出版年  :2004.5
ISBN :4-434-04391-9
定価   :1200円

斜視について書かれているのは一部です。
その他の目の病気についても、紙面が少ないので深く知る事は難しいです。
ですが専門的な部分、一般的な部分とバランスが良く、著者は小児眼科に力を入れてらっしゃる先生なので、そのアドバイスは身近に感じられます。
こちらも買っておいても良さそうです。
著者はホームページでQ&Aをされているので、このブックマークだけでも良いかもしれません。
谷眼科医


この他にも上記の本の参考図書になった本など、読みたいと思う本が出て来ました。
でも横浜図書館、あんまり蔵書してないんですよ。
品川図書館に遠征かな。

本を読んでよく分かったのは、早く診察してもらうに越した事は無いって事でした。
特に赤ちゃんの頃は、「自然になおるもの」という認識が強いですよね。
ですが、もし斜視ならほおっておいては絶対に治らないそうです。
なので、もし心配なら病院に行った方が良いようです。
また、3歳くらいで一度きちんと小児眼科専門医に診ていただくのは大切みたいです。
子供が病気かも知れない、なんて考えるだけでいやですよね。
だからこそ、大丈夫な事を確認すべきです。
今回、保育園の定期検診で斜視の可能性あり、と言われた時は、知識不足から最初は「いつ治療を初めても大差ないから診察はいつでも良いや」と、誤診の可能性にも期待しつつ楽観的に思っていたのですが、保育士さんから「自分も心配だから早めに診てもらってください」と言われて、すぐに受診したんです。
斜視ではない、という診察では残念ながら無かったですが、早く分かって診察できたのは本当に良かったです。
子供については、何かあったら、何でも早め早めに。
改めて、自分に向けて書いています。
2009.12.16 / Top↑
みるこの目の事で、ご心配下さっている方もいらっしゃるかもしれません。
本当にありがとうございます。
気が早いかもしれませんが、将来手術をする可能性も考えて、セカンドオピニオンを立てる事にしました。
最初に診て頂いた先生は信頼おけそうに思います。
でも自分自身、近視眼にならないためにも、早めに始めることにしました。
その詳細について、今後できるだけ記載して行きたいと思います。
自分の備忘録として、あるいはもしかするとお子さんが同じ症状で心配していらっしゃる方へ何かの参考に。

みるこの目を最初のお医者さんに診ていただいてしばらくしてから、いつものかかりつけの先生にお願いして、紹介状を書いて頂きました。
私も小児眼科医の先生が何処にいらっしゃるのか全く知らなかったのですが、かかりつけのお医者様ですらご存知なかったそうで、先生がお持ちでらっしゃる担当医一覧から選択になりました。
それくらい、小児眼科の先生は少ないということのようです。
浦舟の市立大学付属病院に小児眼科専門のお医者様がいらっしゃったのですが、お電話して下さった所、浦舟では小児の手術設備が無いので受け入れられない、とのこと。
診察さえできないなんて変な話ですが、できない、と言われては仕方ないですよね。
それでは、という事で「神奈川県立こども医療センター」にご連絡頂く事になりました。

通常、紹介状を書いていただくと、その紹介状を持って該当病院の窓口に直接行くか事前に予約する事になりますよね。
こどもセンターは違っていまして、かかりつけの先生がセンター宛に紹介状を送ってくださって、その後、患者さんあてにこどもセンターから「○○日にいらしてください」と招待状が届くのです。
あまり欲しくない招待状です。
かかりつけの先生に紹介状をお願いしたのは11月でした。それから1週間ほどしてから、12月1日付けてこどもセンターから受診連絡票が郵送されてきました。
IMG_2888_convert_20091213082739.jpg


  みるこ様の診察日が決まりましたのでお知らせします。
  診察日 平成22年2月23日(火)
  受付時間 8時30分

えらい先ですね。
こっちをセカンドにして良かったです。
もっと急を要するような病気ならこうではないのかもしれませんが、子供の目の事が心配で心配でたまらない親御さんだとしたら、辛いでしょう。
お医者さん不足でしょうがないんでしょうけれど、神奈川県のこどもの病気をめぐる環境はこんなもんです、って事です。
先進国じゃないみたい。
知らなかった自分も恥ずかしいです。

参考になる方がいらっしゃるかも知れないので、眼科からの注意添付事項も記載しておきます。


眼科外来受診されるお子さま・ご家族のみなさまへ
当センターは、地域での受診が難しいお子さまを対象に、診察を行っています。
外来を受診される際のシステムや、外来の設備について説明します。
※システムについて
●予約制をとっており、グループ制になっています。(主治医制ではありません)受診毎に医師が変わることもあります。また、診察の内容により順番が変わることがありますのでご了承ください。
●眼科は検査や診察の時間が、お子さまの年齢や症状によって大きく違います。新患の方は2~3時間必要です。お時間にゆとりをもって来院してください。
※持ち物について
●予約時間に添っての診療を目指していますが、諸事情により予約時間を過ぎる場合もございます。オムツ・ミルク・着替えなどは余裕をもってご用意ください。
※外来の設備について
●授乳コーナーに給湯設備があります。
●経管栄養などでベッドが必要な場合は看護士に声をかけて下さい。
●車椅子やバギーなどで利用できるトイレについては、地図などをご参照ください。
※感染について
●小児期に最も多く伝染性の強い麻疹、風疹、おたふく、水痘にかかっている方は、他の患者さまへの感染防止のため、外来受診を制限させていただきます。上記の感染症にかかっている、またはその可能性(発疹、熱がある、近所、学校、保育園、幼稚園などで流行している、感染症の方と遊んだ)のある方は、外来受診前に主治医に電話でご相談ください。
●目の充血や目やにのある方は感染のおそれがありますので来院せずにお電話でご相談ください。
●感染症にかかている、またはその可能性がある場合に、外来受診が必要と主治医が判断した方には、他の来院者との接触を避けるため、ご案内を別にしています。主治医が来院方法を説明いたしますので、その方法に添って来院してください。
●来院に付き添われる方(ご兄弟を含む)で、感染症にかかっている、またはそお可能性がある場合についても、来院を控えさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
※予約変更について
●予約変更をされますとそお時点から早くても2ヶ月はさ機になります。治療の経過や方針に支障がでないようなるべく予約日に来院してください。
※同封しました問診票は表裏とも記入の上、受診日にお持ちください。
※ご不明な点は遠慮なく外来スタッフにお尋ねください。


はああ、、、
疲れるでしょう。
こどもセンターにかかっているお子さんの親御さんは、来院や予約だけで、こんなご苦労をしてるんですね。
最初に診ていただいた眼科の受診も2月を予定しています。
それまでに目について、勉強して行きます。
今の所大丈夫ですが、しんどかったらしんどい、ってちゃんと周りに言うようにします。
2009.12.15 / Top↑
IMG_2738_convert_20091213082459.jpg
先週末の話です。
今年も年賀状用に撮影会に行って参りました。
山手西洋館 世界のクリスマス2009

昨年はアーティスティックな作品が多かったですが、今年はアットホームな感じでした。
おうちで家族と過ごすクリスマス。
IMG_2867_convert_20091213082715.jpg

まあ、こんなデコレーションはねこてん家では無理無理ですけどね。
このリースもふっくらで素敵です。
IMG_2804_convert_20091213082620.jpg


洋館慣れしているみるこは人が沢山いてもどんどん進んで行きます。
どんどん勘違いも進んでいるかもしれません。

ナニーがオーナメントを飾ってくれたの。
IMGA0107_convert_20091213082928.jpg

こっちのツリーも可愛いでしょう。
IMG_2805_convert_20091213082646.jpg

うちの庭師は腕がいいわ。
IMG_2747_convert_20091213082554.jpg
※皇帝ダリア、というお花だそうです。その向こうにはクロガネモチが。

お茶付のリース作り教室があったり、ワインセミナーがあったり。
さすが山手のクリスマスです。
今週末は港の見える丘公園のイギリス館も行きました。
こちらはドラマチックな感じで、また良かったです。
早い時間だとゆっくり見れますので、平日か、週末なら午前中いらっしゃると良いですよ。
2009.12.14 / Top↑
山下公園の銀杏はだいぶ散ってしまいましたね。
今年は全部が黄色に染まるのではなく、少し青い葉もあってグラデーションが美しかったです。
雨や風が多かったので、散るのが少し早かったように思います。

三渓園にて
IMG_2663_convert_20091213082202.jpg
カラスウリって真っ赤だな。
みるこはカラスウリを見ると、「じいじ、じいじ!」と言います。
トマトみたいに赤いからです。
お庭でミニトマトを作っている舅。
みるこに沢山送ってくれました。
お庭で摘ませて頂いた事もあって、トマト=じいじ、なのです。
そしてまだミニトマトとカラスウリの違いは分からないのです。
IMG_2668_convert_20091213082246.jpg


根岸森林公園にて
IMG_2711_convert_20091213082430.jpg
夫がみるこに葉っぱをかけてます。

外交官の家にて
IMG_2740_convert_20091213082527.jpg

IMGA0105_convert_20091213082856.jpg
銀杏がまぶしいです。
山手の銀杏は先週、見頃でした。

いないないばあ!
IMG_2671_convert_20091213082336.jpg
2009.12.13 / Top↑
両手のひらをあわせて下さい。
あわせたまま、顔の横に持っていってください。
首を45度くらい、手のある方向へ倒して下さい。
相手の目をちゃんと見て下さい。
そして


お ね が い


と言ってみてください。

イチコロです。
食後のキウイを夫からせしめようとしているみるこ。
母が女っていうのは必然ですな。
母が男なら毎回これでやられてますよ。
全く、どこで覚えてくるんだ、こんな技。

更新が滞っていて、ご心配いただいているかもしれません。
こうやって元気なみるこです。
2009.12.13 / Top↑
エルニョスキの意味は、、、ダメです。
忘れました。
スペイン語じゃないんです。
店主さんの造語だったかなあ。
意味を聞いたのはみるこが生まれる前です。
2年以上ぶりで行ってきました。
開店3周年だったそうで、本当におめでとうございます。

ご一緒したのはkikoさん、ゆゆさん、さきさん。
小悪魔たちはそれぞれの旦那が見てくれるという僥倖に恵まれました。
思いがけない、といよりは必然の幸せですが。
そんな日があっても良いですよね。

カニカママヨピンチョス。
IMG_2630_convert_20091130004254.jpg
かんべえさんに教えて頂かなかったら間違いなくスルーしてますね。
でも美味しかった。

こちらもかんべえさんに教えて頂いたサルスエラ。
IMG_2631_convert_20091130004326.jpg
2~3人前とぐるなびにはありますが、4人分、たっぷりありました。
魚介、美味しい。
その出汁で作ったフィデウアがもうこりゃ絶品!
IMG_2633_convert_20091130004358.jpg
あのね、これはホント食べた方が良いですよ。

デザートもちゃんとしてるんですよね。
IMG_2635_convert_20091130004433.jpg

この他に頂いたお料理も基本がとてもきちんとしていて、「バル」と聞いてイメージする食べ物の範疇を越えて美味しいです。
いくら15時からやってるからって、みることは一緒に来れないですけどね。
みるこがお酒が飲めるようになったらぜひ。
それまで、ちゃんとちゃんとお料理を作りつつ、笑顔を絶やさず説明をして下さる店主様が元気でお店を続けてくださいますように。

エルニョスキ

kikoさんたちとはまだまだ話足りなかったです。
またちょっとだけ、羽根を伸ばしにいきましょう。
あいつらちゃんず連れでは行けない美味しい物屋さんへ。
次はどこにします?

2009.12.03 / Top↑
初めて氷川丸に乗船しました。
IMG_2515_convert_20091130003929.jpg
別嬪さんですよね。

そして中身も美しい。
IMG_2527_convert_20091130004025.jpg

IMG_2533_convert_20091130004115.jpg
みるこの記憶にまた不思議な風景が刻まれたかも。

託児室のお馬。
IMG_2525_convert_20091130003954.jpg
ちと怖いですな。

機関室もまた見物です。
IMG_2586_convert_20091130004141.jpg

きれいな物を沢山チャージ。
IMG_2594_convert_20091130004207.jpg

これで200円は本当に安いです。
日本郵船のプライドかな。
ベビーカーは乗せれませんし、中には物を食べる所はありません(デッキの一部で飲み物だけ)。
赤ちゃん向けではないですが、みるこくらいなら大丈夫。
ただ、機関室はちょっと危険かな、元気の良いコは。

床が湾曲してるので転びやすいです。
IMG_2532_convert_20091130004052.jpg
でも絨毯がふかふかだからかえって気持良いらしいです。
2009.12.02 / Top↑
ああ、師走ですね。
山下公園の銀杏、今年は若干早く葉を落としているような気がします。
クリスマスのイルミネーションも始まっていて、きれいです。

元気な二歳児みるこ、可愛い盛りです。
今が一番可愛いんじゃないかしら。
良く笑い、良くしゃべり、良く歌います。
この可愛いさをずっと覚えておきたいものです。

ボタンのかけ外しが出来るようになりました。
さみぃさんに頂いたクッションカバーでボタン遊びします。

無知を知りました。
沢山いるアンパンマンの仲間たち。
チラシの中のキャラクターを指差しながら「これは?」と名前を聞くと、「アンパンマン!」「ドキンしゃん!」と自信満々に答えます。
あった、このCDのチラシです。
61oB6M3S.jpg
ちょっと前までは何でもアンパンマンで、バイキンマンは「角のはえた」アンパンマン、だったのに。
でもクリームパンマンを指すと眉根を寄せて「わかんない」と言います。
分からない事が分かるなんて凄いですよね。

少し、夜泣きが入る事があります。
みかんが安く手に入る時期で良かった。

みるこはかなり見事なほっぺの持ち主です。
通りすがりの見知らぬ人がほっぺを撫でて行く事すらある、吸引力のあるほっぺをしています。
保育士さんが「みるこちゃんのほっぺ、何が入ってるの?」と、やはりほっぺを触りながら聞くと、高らかに「パンパン!!」と答えます。
今まではそうでした。
昨日から「ケーキ」になったそうです。
お腹も「ケーキ」で出来てるそうです。

インタビューごっこが好きです。
これは保育園で月一回、お誕生会があって、お誕生月の子供が先生に名前や歳をインタビューされるのを覚えたからのようです。
お誕生会の楽しい雰囲気が大好きなんです。

  お名前は?
  みるこでしゅ!

  何歳ですか?
  カニカニ!(二歳と言えず、指だけ「2」を表してます)

  好きな動物は?
  ぞうしゃん!
 
  好きな食べ物は?
  しゅまい!

さすがハマッコ。でも焼売作ってあげた事ないんですけど。
2009.12.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。