横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近になって料理に目覚めた同僚が、休みを利用して餃子を作って大変美味しかったけれど餃子の皮は市販のものを使ったと話していて、じゃあ、この本を今度は参考にしてみたらと「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を持って行きました。
喜んで借りていってくれて、また別の週末に花巻を作って凄く美味しかったそうです(ええ、餃子は作らなかったみたいです、今も)。
あんまり楽しそうに話してくれたので、私も花巻作りをしたくなり、ここのところ何度か作っています。

材料は、薄力粉、砂糖、塩、ドライイースト、ぬるま湯、サラダ油、以上、と大変シンプル。
でも小麦粉の美味しさを堪能できる、さすが中国人!な一品です。
ウー・ウェン先生の本では形も大変美しく、私もあんなにきれいに作りたいのですがなかなか上手くいきません。
形はともかく、先生の本では真っ白でふかふかの表面なのですが、私が作ったものは何だか色が黄色っぽくて表面が糊っぽくコーティングされた感じになってしまいました。
くだんの同僚もその後何回か作っているそうですが、やはり真っ白には蒸しあがらないそうです。
すぐに壁にぶち当たって、すぐに甘えたくなり、中国ならぬ横浜チベット自治区の先生へメールしました。
優しいにっき先生はご専門でない点心なのに、「高強火で一気に蒸しあげてみてはどうでしょう」とアドバイスを下さいました。
先生、お忙しいのにありがとうございました!

それでこの週末は毎日花巻を。
完全にウー・ウェンのレシピ通り、にっき先生のアドバイスで時間を短めにするところだけ変えて蒸してみました。
IMG_0777_convert_20090331054827.jpg
形があんまりなのは巻くときの手際が悪かったからですが、ふかふかでめっちゃ美味しかったです。
にっき先生、本当にありがとうございます。

2日目は薄力粉ではなく、余っていたフランスパン用の粉で。
IMG_0795_convert_20090331054853.jpg
色が黄色っぽくなり、ふかふかというよりもっちりな感じになりました。
こねてる時から「これ、違うぞ」と思ってました。
やはり中華饅頭系は薄力粉が良いみたいです。

昨日の朝は、平日なので前の晩にこねておいたのを引っ張り出して、成型して蒸しました。
IMG_0797_convert_20090331054912.jpg
これも少々もっちりめな感じ。
冷蔵庫の中に入れていたとは言え、発酵時間が長すぎて過発酵なのと、水分が奪われたからかと思われます。

今のところ、薄力粉100%で、レシピ通り、一次発酵1時間、成型して20分程度で、蒸すのは高温で気持ち短めに、で美味しい花巻になるようです。
タイミングが合えば、ふかふかの美味しい花巻になります。
あとは形ですね。
手際よくできたらもっと美しくなるでしょうか。
更に修行が必要です。

みるこもかなり喜んで食べます。

さて、猫足ですが、花巻つくりのきっかけとなった同僚は本当に花嫁修業中及び花婿募集中です。
「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」みたいな良い本を、どうして私持ってんだっけ、と思い出したら、ほんまさんが以前紹介されてたからでした。
ほんまさん、如何でしょう、頭も性格も良い娘で27歳です。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理ウー・ウェンの北京小麦粉料理
(2001/11)
ウー ウェン

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2009.03.31 / Top↑
昨日Hibワクチン接種をしてきました。
先生がパッケージまで持って来てくれて説明してくださったので、覚え書きです。
まずは、7450円しました。
今の所、水疱瘡が一番高いです。
Hibはインフルエンザ菌b型の略で、髄膜炎を起こす可能性のある、ウイルスです。
世界では約100カ国でワクチン接種が行われていて、ヨーロッパ、アメリカなどでは3種混合と併せて、ですので4種混合で接種されるそうです。
ワクチンはまだ日本では製造しておらず、三共製薬がヨーロッパのメーカーから輸入しています。
商品名はアクトヒブ。
不活性ワクチンで、副作用の可能性は低いワクチンだそうです。
日本での認可が遅れたのは、もともと日本では髄膜炎に発展する重篤な症状となるケースが欧米に比べてかなり低いからのようです。
発症すると2歳以下のお子さんが重篤になる事が多く、5歳以上ではまず罹患しないとのこと。

お注射してもらって、やはり少し泣いて、レベルアップしたみるこ。
来月は3種の追加です。
戦士になるにはまだまだいくつかの試練(お注射)が必要です。

チューの後にまた元町公園で少しお散歩しました、、いえ、したかったのですが、昨日はとても寒かったですね。
すぐにエリスマン邸へ入り、お茶しました。
桜は2分くらいでしょうか。
IMG_0783_convert_20090329075635.jpg
今週末はきっときれいですよ。
2009.03.29 / Top↑
朝、起きたみるこの顔を蒸しタオルで夫が拭きます。
そしてまだ暖かいタオルではねた髪を湿らせて、やわらかいヘアブラシでまっすぐになでつけます。
ぽやぽやのくせっ毛を、私はそのままが可愛いと思うのですが、自分のくせ毛にコンプレックスがあるのかもしれません、夫は丁寧にすいていきます。
赤子の柔らかい髪の毛は梳かすときらきらと光を帯びてまっすぐになります。

しばらくは。
IMG_0012_convert_20090328073727.jpg
すぐに汗で湿って、くるくるのぽやぽやです。


2009.03.28 / Top↑
こちらは先週。
IMG_0771_convert_20090328073840.jpg
本牧神社前の公園です。
どこか、そう奈良かどこかの風景みたいですね。

良い匂いのする白い花の木の下で、ちょっと不安げなみるこ。
IMG_0768_convert_20090328073816.jpg
お花の名前も、もっと覚えて、みるこに教えてあげたいな。
昔は良く知っていたのですが。

一昨日の山下公園の枝垂れ桜。
IMG_0016_convert_20090328073752.jpg
その日の朝の雪で、花の勢いがなくなってしまったようです。
桜が咲くと寒くなる。
この当たり前がずっと続くと良いですね。

そして!いない、いない!
ユリカモメがいません。
昨日もチェックしましたが、いません!
やはり古巣が居心地が良いのか、それとも女の戦いに恐れをなして大陸へ戻られたのか。
桜が咲くと帰るのかしら。
今年も来て下さいね。

猫足で、この間撮った別の写真を。
IMG_0738_convert_20090328075220.jpg
ちと暗いのですが、なかなかカッコ良い。

2009.03.28 / Top↑
4月から首都圏のJR駅構内は全面禁煙になるそうです。
そして来年からは受動喫煙防止条例が神奈川県全域で施行されるそうですね。
チェイン・スモーカーというほどではありませんでしたが、私も30過ぎまで喫煙という悪癖がございましたので、やめたいけれどやめられない、という方のお気持ち分かります。
妊娠中は禁煙できたけれど、出産してから育児ストレスで再開してしまったというのも良く分かります。
やめたいなら、いつかきっとやめれますよ。
全くやめる気はない、というのもちょっと分かります。
自分が決めることです、それも良いんじゃないですかね。
でもみること一緒だとやはり神経質になります。
煙がみるこに当たると、不当な暴力を受けている気持になります。
自分も吸っていたくせに全く勝手なものですが、角の生えたおばちゃんの殺意を受けながら喫煙していることを、スモーカーの方は留意した方が身のためでございますよ。
こうやって脅されて身の細る思いでらっしゃるスモーカーの皆さんも、スモーカーではなかった時が必ずあったはずで、どうやって煙草と出会ってしまったものか、出会わずに済んでいれば良かったのにですよね。

話は遥か彼方へ飛びますが、みるこは蜜柑と幸福な出会いをしました。
みるこが産まれて2ヶ月ほどのこと、いつも心のこもった贈り物をくださる静岡の親戚から、素晴らしく美味しい三ヶ日みかんが送られてきました。
ちょうど果汁を試そうと思っていた時期だったので、みるこに少し、あげました。
皮を剥いてつぶして茶こしで漉した果汁を湯冷ましの水で割ったのをスプーンにほんのひと匙。
まるで高貴な方々のおままごとのようですね。
今この時間にも、同じようにおっかなびっくり、初めてのお子さんに美味しい果汁をあげているお父さん、お母さんがいらっしゃることでしょう。
みるこは三ヶ日みかんの果汁を美味しく頂きました。

このシーズンもまた送って頂き、成長したみるこは今度は果汁ではなく、そのまま美味しくいただきました。
今では蜜柑を見ると「まんま!」と指差してちょうだい、とアピールします。
変なスナックじゃなくて、美味しい蜜柑をちょうだいする赤子に育ったのは、送ってくださった方のお陰です。
本当にありがたいことです。

蜜柑好きのみるこは今、夜泣き虫です。
ハイハイをしっかりするようになったころから夜泣きが酷くなり、夜中の1時くらいからずっと、私が起きる4時半頃まで、あるいはもっと後まで夜泣きが続きます。
最初はグズグズで、そのままにしておくとどんどん泣きが深くなり、どうやっても泣き止まなくなります。
始まった頃には抱っこをしたりしてあやして、それでも泣き止まずにどうにもならなくなったらお風呂に入れたり、夜食のバナナをあげたりして、一旦完全に起こしてから寝かせなおす、ということをしていました。
効果はあるのですが、こちらも完全に起きる必要があって、かなりの寝不足でイライラがつのる日々でした。
ある日、グズグズし始めたみるこのお口に、夫が蜜柑をぽいと一口入れました。
するとみるこは蜜柑をもぐもぐして、そのままふっと寝付いたではありませんか。
またしばらくするとグズグズするのですが、蜜柑をお口に入れると泣き止んで寝ます。
美味しい蜜柑の味が、みるこを襲う、何だかけったいな虫を遠ざけてくれるようです。
多少(いえ、結構)罪悪感はありましたが、背に腹は変えられず、夜泣きには蜜柑、が定着したのでございます。
みるこは自覚のないまま、立派なチェイン・オレンジャーになってしまいました。

夜泣き虫はまだみるこに居座っていまして、今も蜜柑が枕元から手放せません。
虫は1時くらいから蠢き始め、蠢くたびに蜜柑を放り込みまして、その数だいたい15分から30分に一個くらいの割合です。
おおよそ、一晩に1個半くらいの蜜柑を消費します。
寝ぼけながらも蜜柑を放り込むくらいは出来るので、以前よりはかなり楽になりました。
ところが、ここで問題が。
これはパルシステムのチラシです。
IMG_0722_convert_20090315075838.jpg
そうです、もう蜜柑の季節じゃないんです。
みるこが好きなもので、ミニトマトも良さそうですが、毎晩200円くらいかかるので家計が大変になります。
幸い近所の八百屋さんにはまだ青島みかんがありますが、通るたびにいつなくなるかと戦々恐々となります。

そこで登場、宇津救命丸です。
IMG_0723_convert_20090315075915.jpg
ご近所の小鹿夫人(色々な役をこなしてらしてホントお忙しい事で、誰のせいだ)に頂いた林檎シロップを少しスプーンですくって、そこに小さな6粒の救命丸を忍ばせてみるこにあげています。
みるこが風邪を引いてちょっと滞ってしまいましたが、1ヶ月くらいは続けた方が良い、と説明書に書いてあります。
こころから救命丸様のご活躍をお祈りしています。
どうなりますことやら。

さて猫足です。
宇津救命丸の社長さんのブログ、けっこう面白いです。



2009.03.26 / Top↑
保育園では登園するとすぐにお熱を測ります。
その時に熱が高いとおうちに帰る事をすすめられます。
会社の同僚の話では、彼女の娘さんが通っている保育園には、39度の熱が出ていても子供を置いて行ってしまう強者のお母さんがいらっしゃるそうですが、にゃんこ保育園ではそこまでのお母さんはいないみたいです。
保育士さんも強めにはおっしゃらずに、「どうしますか?」といった感じで優しく確認してくださいます。
水曜日に保育園にみるこを送っていってお熱を測って頂いたら37.5度ありました。
まだ「どうしますか?」というレベルです。
実は終わっていない仕事が一つあり、どうしようかとしばし逡巡しましたが、後で保育園では預かれない熱になったと連絡が入って東京から帰るのもしんどいよな、と思い直してそのまま帰る事にしました。
朝から自転車での保育園往復。
およそ1時間10分。
けっこう疲れました。
家に帰ったみるこはお熱も下がって元気そうです。
予約したかかりつけの病院に行きましたら、軽い風邪の症状だとのこと。
心配なさそう、と安心して病院を出て、だっこしているみるこに「ちょっとお散歩する?」と聞いたら「うん」と言いました。

びっくりしてもう一度「みるこ、お散歩したいの?」と聞いたら「うん」と答えます。
今まで、「バナナ食べる人~」みたいにおやつを食べるか聞くと、「はーい」と手をあげて答えてくれましたが、「うん」は初めてです。
ぽかぽかでお花が咲いている元町公園はみるこにとってもお散歩したい素敵な公園に見えたのかもしれません。
すこし手を引いて歩いていたら、犬の散歩をしているご夫婦が元町へ抜ける坂を下っていて、犬を見つけたみるこが「わんわーん!」と大きな声で叫びました。
気がついた旦那さんが犬を抱っこしてくださって、奥さんと一緒に手を振ってくださって、みるこは柵をつかんで大喜びです。
みることいると沢山の方の親切に出会えます。

元町公園の森にはシジュウカラがいっぱい飛んでいました。
みるこはまだあんまり小さい鳥は見分けつかないみたいです。
平日ですいていたエリスマン邸へ行ってお茶しました。
IMG_0765_convert_20090320202610.jpg
手を伸ばしているのは甘いお薬好きのみるこです。
うまーい、と注射型のスポイトをすするみるこの横で優しい味のコーヒーをいただきました。
残して来た仕事にがちゃがちゃしていた気持がすこし和らぎました。
機械の味のするチェーン店のコーヒーを飲むなら、少し坂を登ってこちらでお茶される方が良いですよ。
IMG_0752_convert_20090320202545.jpg
大きなソメイヨシノはまだまだ咲きそうにありませんでした。
でも確かに春の空ですね。

この後、家に帰って昼寝してたら熱がどんどん上がったみるこ。
慌てて解熱剤をもらいにまた病院に行きました。
元気そうだからと油断してはいけませんね。
今はお熱は下がりましたが、また発疹が出ています。
同僚のお子さんも熱が出ると発疹する事が多いみたいです。
今日はヒブワクチンの予防接種の予定でしたが、まだ本調子でないので来週にしましょう、という事になりました。


2009.03.21 / Top↑
こちらはワタクシのおつまみ用。
IMG_0724_convert_20090320064047.jpg
鶏ハムって簡単で安くて(OKストアでグラム39円ですもの)、ありがたいですよね。
もしご存知ない方がいらっしゃったらクックパッドなどで検索してみてください。
とりあえずこちらとか。
どちらかと言うと副産物であるスープがみるこ家では重要です。

色んな野菜を入れてみるこ用のスープを作ります。
今週は玉葱、じゃが芋、キャベツ、ほうれん草でした。
炒めた玉葱をたっぷり入れる代わりにお砂糖もお塩も使わないシンプルなオニオンブレッドと朝ご飯です。
IMG_0725_convert_20090320064235.jpg
乳製品も登場。
いちごみるこ、間違い、苺ミルクです。


2009.03.20 / Top↑
みるこの保育園の近くの、早咲きの桜はもう葉桜になってしまいました。
沈丁花の香りが薄くなってきました。

昨日は随分暖かく、日も長くなってきたので、みるこの保育園の帰り、いつもは通るだけの山下公園でちょっと寄り道しました。
IMG_0726_convert_20090318053046.jpg
まだ、たくさん居てくれました。
ユリカモメ。
もうすぐ大陸へと出発でしょうか。
IMG_0733_convert_20090318053246.jpg
スナックをあげようとしたカップルに襲いかかってましたよ(ちょっと大げさ)。
凄い食欲です。
たくさんのくわっくわっ(鳥)に囲まれて、みるこ大喜びでした。

来年もみること一緒に会いたいです。
IMG_0731_convert_20090318053159.jpg

2009.03.18 / Top↑
蛇足とは
 あっても役に立たないもののこと。余分なものをつけ加えること。
という意味だそうです。

先週、松江の実家からみるこに会いに母が出て来ました。
遊びまくり、洋服をたくさん買ってもらい(当然私がチェックしながら)、バタバタと帰って行きました。
母が来る前に、友達が中華街で描いてもらった花文字の写真を母に送っていました。
きれいな色で、楽しそうな花文字は、友達の娘さんの名前で描いてもらったもので、それはそれは素敵だったので、自分も今度描いてもらおうと思う、とメールしていました。
母も自分のぶんもほしい、と言っていたので、ちょうど良いと、お昼ご飯のついでに描いてもらいに行きました。

友達によると、横浜大世界のあたりで露店だったとのこと。
同じ人が同じ場所にいるわけではないようで、該当しそうなお店は当日ありませんでした。
大通り沿いの露店で描いている人をみつけ、友達が描いてもらった人と同じ人かは分からなかったのですが、描いてもらうことにしました。
まずはメモ帳に描いてもらいたい文字を示します。
もちろん、みるこの名前にしました。

IMG_0718_convert_20090315075611.jpg
木片のような物に、絵の具をちょんちょんと数色付けて描いていくんですね。
決まったプロセスがあるのでしょう。
あっと言う間に花文字ができあがっていきます。
見ているのはなかなか面白かったです。
友達が描いてもらったのより、ちょっと地味(シックとも言いますか)ですが、なかなかきれいです。
文字の一辺一辺が、龍になったり鳥(鳳凰ですかね)になったりします。
ところで、友達からあれこれリクエストがきく、と聞いていたので、描きはじめるまえに、「猫」を描いてほしい、とお願いしていました。
ほぼ文字が描きあがったころ、花文字描きのおじさんはやわら別の筆を探し出し、、、探しだしたのですが、見つからなかったみたいで、さっきみるこの名前を書いたときのボールペンをみつけて、これでいいや、と思ったらしく、ボールペンで付け加えました。
IMG_0721_convert_20090315075807.jpg
「猫」です。

見ていた私たちは顔を見合わせました。
もう描かれているのでストップしてもらうこともできません。
蛇の足ならぬ、変な猫まねき。
これがなければ中々の花文字でした。

さて蛇足です。
この後、花文字描きのおじさんはあきらかなぼったくりをしようとして、私ががんばって値を下げさせましたが、母と夫に「それくらいにしておけ」とたしなめられ、もっと下げられたのに、と今でも残念でなりません。

2009.03.15 / Top↑
さんぱち先輩がブログを始められてから1年、と報告してらっしゃいました。
美味しいもの、楽しいこと満載のさんぱち先輩のブログ、ずっとずっと続けて行っていただきたいものです。
ほんまさんのブログでの声かけを機に同時期に始めたので、ワタクシも1年ということになります。
きっかけはほんまさんですが、思い起こすに保育園スタートを含めて、しんどく思う事がいっぱいで、だからこそブログを始めたのだと思います。
そして、始めて良かったなと思います。

みるこがパワーアップしているのと、仕事が期末で忙しいのもあって、書きたいけど書いていない事が沢山あります。

アリーマさんに教えていただいた殺し屋が主人公の小説についてとか(読み進んでますよ!)。
友達に教えてもらった漫画、「とりぱん」についてとか。
このあいだコメントを下さったエイジ様がご自身のブログで紹介してらっしゃる確定申告を自分もシュミレートしようとか。
ご近所のKCIA(崎陽軒中央情報局)から指摘いただいた「お弁当冬」の記事の訂正と「お弁当春」についてとか。

普通のおばちゃんにも色んな事が起こるし、色んな事を考えるものです。
このブログを読んで下さる方にも、道ですれ違う沢山の人にも。
こいつらちゃんずでさえ、あれこれ考えているのか、、、いや、それはなさそうです。
IMG_0474_convert_20090314072857.jpg
もう書くのも飽きましたが、今回は玄関先に置いていた自転車カバーにやられました。

ゆっくり続けたいです。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。




2009.03.14 / Top↑
今月は無かったことにしたいです。
誰も見てませんように。

12月  体重 53.9kg  体脂肪 22.8%  W 63cm
1月  体重 53.6kg  体脂肪 23.3%  W 63cm
2月  体重 55.5kg  体脂肪 24.9%  W 64cm
3月  体重 55.9kg  体脂肪 23.9%  W 64cm

ストレス食いをしてしまい、食べなくて良い時に食べなくても良い物を食べてしまっています。
ストレスの原因はと考えると、一番は「美味しい物をゆっくり食べれないこと」。
何でこんなに物を食う事に振り回されるのか。。。
どうにかならんですかねえ。
2009.03.13 / Top↑
保育園で今月の身体測定がありました。

4月 身長 65.4cm  体重 8.45kg
5月 身長 68.7cm  体重 8.65kg
6月 身長 69.0cm  体重 8.90kg
7月 身長 69.9cm  体重 9.45kg
8月 身長 72.2cm  体重 10.0kg
9月 身長 74.8cm  体重 10.2kg
10月 身長 75.2cm  体重 10.5kg
11月 身長 76.1cm  体重 10.4kg
12月 身長 76.6cm  体重 10.5kg
1月 身長 77.5cm  体重 10.9kg
2月 身長 78.0cm  体重 11.6kg
3月 身長 79.3cm  体重 11.6kg

まるっと1年がまとまりました。
身長が15cm近くも伸びるなんて、すごいですね。
めきめきと音がしそうです。

2009.03.12 / Top↑
辰巳芳子さんのようにはいきませんが、せっかくの女の子のお祭りです、祭り寿司を作りました。
ちらし寿司、ばら寿司なんて言い方もありますが、どんな言い方がしっくりきますかねえ。
どれもしっくり来ないような気がするのは私だけでしょうか。

かなり手を抜いています。
朝、鰹の出汁で人参、椎茸、蓮根を炊きます。
本当は別に炊いた方が良いのでしょうが、すみません。
薄く切っているので、沸騰したら火を落として、後はお鍋さんにお任せして会社へ行きます。
帰って来て昆布入りのご飯を固めに炊いて、炊いてあった野菜と出汁に味付けしてお酢を入れて、もうそのまま混ぜちゃいます。
シークワサーのジュースがあったので、香り付けにこれも混ぜます。
海老、ほぐしたシャケ、卵、海苔を散らして、ああ、だからやっぱりちらし寿司?
IMG_0686_convert_20090307061029.jpg

蛤のお吸い物を添えたい所だったのですが、この時期の蛤の高騰ぶりに納得がいかず、アワビ(蛤よりずうっと安かったんです)のお吸い物にしました。
小さいけれどさすがアワビ、良い出汁が出て、みるこも大満足なのでした。



2009.03.07 / Top↑
さすがに3月はバタバタとしております。
更新が滞っていますが、みるこ家は皆元気でございます。

さて、引っ越す前から本牧図書館は何回も行った事があったのに、子供用のプレイルームがあったなんて知りませんでした。
人は自分と関係ない情報は簡単に遮断するんですね。
図書館、と書きましたが本牧地区センターで、その中に横浜市図書館、会議室、体育館などがあります。
プレイルームは入って左の奥です。
図書館で絵本を見た後に寄ってみました。
誰もいなかったので失礼して写真を。
IMG_0679_convert_20090307060932.jpg
なかなかきれいです。
滑り台の他にも、大きいブロックやぬいぐるみ、絵本などが置いてあります。

壁にそって作り付けてあるベンチにうんしょ、と登るみるこ。
IMG_0680_convert_20090307060956.jpg
まんまるおケツはあれです、オムツがメリーちゃんだから。
メリーちゃんは柔らかいですが厚手なんですよ(苦しい)。

この日はみるこしかいませんでしたが、別の日に行った時には何組かお子さんがいました。
みるこより小さいお子さんもいれば、やんちゃざかりな元気なお子さんもいます。
なかなか気を使うものでございますね。
みるこが壁に作り付けの引き出し式の棚から、おもちゃを取ろうとしていた時です。
別のおもちゃで遊んでいた2歳になる男の子が(お母さんがそうおっしゃっていたのです)急にやってきて、みるこがいるのに、その棚をおもいっきり引き出して、みるこにぶつかりそうになりました。
みるこはびっくりして泣き出しました。
すぐさまその男の子のお母さんが飛んで来て、「あやまりなさい!!」としかって下さいましたが、やんちゃな男の子は何回お母さんがそうおっしゃってもあやまらず、ぷい、と他所へ行ってしまいました。
子供が怪我をしないように、あるいは怪我をさせないように、結構気が気ではありません。
泣いてはいるけれど怪我をしたわけではないので、そのお子さんをしかるのも変な感じで、謝って下さったお母さんに、もちろん、大丈夫ですよ、とは言いましたが、どうリアクションしたら良いのかも難しいところでした。
どこの誰だかお互いに知らない者同士が集まって遊ぶというのは、結構気を使うものです。
図々しく立ち回れないお父さん、お母さんは大変だろうと思いました。

で、その後みること帰ろうと、このプレイルームの外でバギーのセッティングをしていたところ、くだんの男の子が、プレイルームのガラス張りのドアから、ほっぺをくっつけてこちらをじーっと見ていたんです。
それでやっと合点が行きました。
男の子はあの時、わざわざみるこの方へやってきたのですが、それはみるこの事が気になったからだったのです。
恐らく、良い所を見せようとみるこが出そうとしている棚を引っ張り出して、逆に泣かれたのでバツが悪かったのでしょう、でも気になるからずっと見てる。
2歳児でも気になる子にいぢわるするんだ、と感心というかあきれるというか、微笑ましいというか、にやけてしまいました。
そんなオトコ心が全く分からないみるこは、お兄ちゃんの熱い視線を完全に無視してましたが。

家に帰ってその話を夫にしたところ、微笑ましく思うより、これからの事が心配になってきたらしく、みるこを隠しておきたい気持になったようです。
その気持もわかりますが、深窓な女子校に行っても、変わらないですよね、きっと。


2009.03.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。