横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ずっと暑かったですが、昨日今日は比較的過ごしやすかったですね。
月のはじめ頃、汗疹が出だしていかにも痒そうだったので、朝晩お風呂に入れるようになりました。
保育園でも沐浴かプールがあるので一日三回風呂入ってます。
お陰様で美肌みるこです。

ご飯を食べる時に右手の指を口に入れます。
何が口に入っているのか確認しているみたいです。
お陰で周りじゅうベトベトです。

先月、ずりばいらしきものが始まったと書きましたがその後進展していません。
寝返りもあと少し、で諦めたように、ハイハイも諦めたみたいです。
立ったり歩いたりはすごく先になりそうです。
のんびりなのが愛しいですが、目眩がするほど酷い私の運動神経を受け継いでいるのかもしれず申し訳なく思います。

お風呂で泡だらけになると右手で身体を洗うような仕草をしたり、別の部屋から手を振るとバイバイ、と右手を振るような仕草をしたりします。
きき手が決まるのはまだだいぶ先のはずですから、私たちの真似を正確にしているのでしょうか。
みるこに見せる私たちの所作が大切だと言う事ですね。

にこにこ笑いながら、首を激しく振るのがみるこの「きてる」ことのようです。
ここまでじゃないですが、これくらい可愛いです。

髪が伸びてきて、耳にかかってこそばゆいようです。
IMG_0071_convert_20080731231555.jpg
髪が伸びるにつれて、唯一の弱点であり、多くのチャームポイントのうちの一つである後頭部のぱげがなくなってきました。
夫はとても寂しがっています。


スポンサーサイト
2008.07.31 / Top↑
メロンは前回初登場でしたが、書くのを忘れていました。
宅配で届くメロンはイガイガしないのであげてみたら、みるこ大喜び。
身を前に乗り出して、終わりにしようとするといやいやをするくらい気に入ったようです。

7/29 鱸のトマトリゾット、バナナ
7/30 朝:長芋ご飯、べが菜とお麩のお吸い物、桃ジャム
  夕:カリフラワーリゾット、ミネストローネ、みるく寒天のバナナ和え
7/31 長芋と茄子の雑炊、胡麻豆腐、メロン

久しぶりのバナナは生のままで。
こちらも大好きみたいです。

2008.07.31 / Top↑
宅配の野菜の中に面白いのがありました。
P1010823_convert_20080728185917.jpg
円盤ズッキーニだそうです。
柔らかく蒸してもきれいな黄色のままでした。

7/26 朝:コーン豆乳パン粥、カリフラワーのポタージュ、桃ジャム
  夕:雑穀粥、豆腐、胡麻葛餅・豆乳葛餅(野の葡萄にて)
7/27 朝:コーン豆乳パン粥、夏野菜たっぷりミネストローネ、桃ジャム
  おやつ:メロン
  夕:カリフラワーリゾット、鱸のアクアパッツァみるこ風、みるく寒天
7/28 朝:カリフラワーリゾット、みるく寒天、桃ジャム
  夕:モロヘイヤ雑炊、胡麻豆腐、桃ジャム

目やにが続いていて、微熱もあったので今日はお休みしました。
昨日、みるこはちょっと大役を果たしたので、今日はのんびりおうちでゆっくりです。

みるこはカリフラワーポタージュがとっても気に入ったみたいなので、珍しくレシピなど
<材料>
・昆布 小さいの1枚
・干し椎茸 1、2枚
・ミニカリフラワー 半房
・じゃが芋 小さめ1個
昆布と干し椎茸は前の晩からお水200cc位に付けておきます。良い出汁が出たら引き上げて、それぞれみじん切りにして出汁に戻し、スライスしたじゃが芋とカリフラワーを入れてじゃが芋が崩れるまで煮ます。あら熱をとったらミキサーで離乳食の進み具合にあわせてポタージュ状にミキシングして下さい。
カリフラワーがミルキイで、牛乳や豆乳を入れなくても美味しいポタージュスープになりました。

2008.07.28 / Top↑
新しい食材はありませんでしたが、手づかみ食べ用に、みるこパンを焼いてみました。
あれこれ手直ししなくてはならない所が満載ですが、一応レシピなどを。。

<材料>
・強力粉 200g
・イースト菌 4g
・粉ミルク(みるこ用はアレルゲンフリーです) 6匙
・水 120cc
作り方は普通のパンと同じです。
材料をこねて一次発酵(約1時間)して、成型して二次発酵(約40分)して200度のオーブンで約10分で焼き上がり、、、のはずだったのですが、油脂を全く使わなかったので、一次発酵した生地が、ボールにくっついてはがれません。
無理矢理はがした生地は凄く柔らかく、成型できる状態ではなかったので、そのままパウンドケーキ型に詰め込んでちょっと置いて、焼きました。
P1010811_convert_20080725192954.jpg
何とか焼けましたが、不細工ちゃんですね~。
これをスライスして、みるこにあげました。
ちぎったり、噛み付いたりして、遊びながら結構食べてくれました。
ボールには少し油を塗ってみようかしら、とにかく、精進が必要です。

7/21 朝:みるこパン、枝豆のポタージュ、桃ジャム
  夕:野菜のつぶつぶお粥(瓶詰め)、お麩、桃ジャム
7/22 納豆ご飯、緑黄色野菜の豆乳スープ
7/23 枝豆ご飯、小松菜とシラスの白和え
7/24 色々野菜のにうめん、桃ジャム
7/25 わかめご飯、緑黄色野菜と豆腐の煮込み、桃ジャム

月曜の夕方は、瓶詰めのベビーフードを持って出かけて、臨海パークで夕涼みしながらご飯にしました。
瓶詰めベビーフード、かなり使えます。
安心できるのを見つけれて良かったです。



2008.07.25 / Top↑
松江から帰って来た日は、お昼過ぎに横浜に着いたので中華街で昼食をとることにしました。
赤ちゃん連れでは初めての萬来亭です。
みるこが生まれてからは何度かテイクアウトで利用させて頂いていました。
空いている時ならベビーカーでも大丈夫、と前回確認してたので、ランチタイムが一段落したお店に入り、ランチメニュー二品に胡瓜と枝豆の冷菜を注文しました。

胡瓜と枝豆、ビールっ!!
P1010775_convert_20080725191119.jpg

芝海老と夏野菜の炒めもの。
P1010774_convert_20080725190917.jpg
今の季節にぴったりです。
添えられた冬瓜のスープも優しい味で美味しかったです。

必ず頼む拌麺(バンメン)。
P1010778_convert_20080725191312.jpg
少し八角がきいた柔らかなチャーシューの美味しいこと。
いつもよりチャーシューが美味しかったような。
ラッキーでした。
季節ものの拌麺ですが、去年、寒い時期も食べたいから通年にしてほしい、と話したら、他のお客様からも要望があったようで、いつでも食べられるようになったみたいです。
寒い時期に食べるのおかしくない?と若マダムはおしゃってましたが、美味しいからいつでも食べたいと言ったら怪訝そうな顔をして、でも考えてみるわ、と約束して下さいました。
取り入れて下さって、とっても嬉しかったです。
(ちなみに若マダムはかなりの別嬪さんです。)
言わなくても察してくれるような日本のサービスも素晴らしいと思いますが、気持ちを直接言い合う中華街式サービスも小気味良くて好きです。

それにしても、デザートに杏仁豆腐が付いて600円なんて!
P1010779_convert_20080725191626.jpg
近隣にお勤めされてる方がほんとに羨ましいです。

萬来亭

2008.07.25 / Top↑
タイトル通り、ばっちい話ばかりです。
お食事中はご覧頂かない方がよろしいかと思います。

帰省したころ、みるこのうんちが停滞気味になりました。
毎日出るには出ますが、コロンとした固めのが少しだけ。
全身真っ赤にして頑張りますが結果に結びつきませんでした。

それまでは、綿棒にオイルを付けて肛門にくりっと入れて刺激する「綿棒浣腸」が有効だったので、実家で試しましたが成果が出ませんでした。
みるこは多い時は日に5回くらいうんちをします。
出てこないのは辛いはずね、と夫と心配しながら横浜に戻りました。
次の日、保育園でも出なかったと聞き、浣腸に踏み切ることにしました。

子供浣腸。
P1010820_convert_20080724204309.jpg
かわいいサイズです。
いたずらしようと手をのばしているのはみるこです。
本当は一歳未満はお医者さんに相談してからが良いそうです。
赤ちゃんはまずは半量注入して少し時間をおき、様子をみるとのこと。
おむつを脱がして下にしいた状態で試しました。
こわごわ注入したので三分の一しか入りませんでした。
慌ててもう少し、、、と入れると、さっきので十分だったのか浣腸液がプシューと漏れて、キャ~、と思った瞬間、決壊しました。
出るわ出るわ!
大きなネズミ花火みたいな感じです。
Lサイズのおむつがあっと言う間にいっぱいです。
収まったのを見計らっておむつとお尻を始末して新しいおむつに換えました。
するとセカンダリーウェーブが。
第二波もいっぱしのものでした。

みるこは浣腸を嫌がる事は全くなく、うんちが出る時も痛がったりしませんでした。
子供は浣腸がくせになったりしないそうです。
早くすっきりさせてあげれば良かったです。
これからは綿棒で進捗がないときはすぐに試そうと思います。

2008.07.24 / Top↑
松江帰省記の最後に、ペットシッターさんからの報告書の写真を。
DSC00109.jpg

ついでに4月に旅行したときのを。
DSC00025.jpg

3月の旅行のときは。
DSC00062.jpg

同じ写真みたいですよね。
わたしたちが家にいる時もこの「立ち位置」なんです。
猫なりにルールがあるんですね。
今回も元気に待っててくれて、良かったです。

2008.07.22 / Top↑
松江で買った、自分たちへのお土産です。

小さい鏡です。
P1010728_convert_20080722225436.jpg
兎の柄のモノになぜか惹かれます。
みるこは鏡好きなので、いらっと来たら開こうと思います。

脱力携帯ストラップ。
P1010727_convert_20080722225258.jpg
松江のひよこまんじゅうにあたる、どじょうすくい饅頭のキャラ(?)です。
会社携帯に付けてます。
びっくりするくらい会社携帯に合わないんです。
肩の力が抜けていい感じです。

やはり和菓子はかかせません。
日本三大名菓、山川を有する風流堂さんの中で一番好きなのがこちら、「くろがねもち」。
次が「路芝」です。
P1010783_convert_20080722230732.jpg
くろがねもちは玄米粉と黒糖と胡桃の素朴な田舎臭いお菓子です。
見た目もあまり、、、地味ぃですね。
P1010784_convert_20080722230838.jpg
でも、味わい深い美味しいお菓子です。
路芝は、小ささがちょうど良くて好きです。
おまんじゅうはモチロン好きですが、たいてい大きすぎてお茶を何杯も飲まなくてはならなくなります。
一つで一杯の煎茶がすっといただけるサイズなのです。
月照寺でお薄をいただくと路芝が添えられます。
日本橋の島根館に置いてありますでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

今回初めて買ってみたのが井上醤油店の煎餅です。
P1010787_convert_20080722230951.jpg
香ばしくて、しょっぱくなくて、とっても美味しい煎餅でした。
これはリピート間違いございません。



2008.07.22 / Top↑
松江に着いた翌日、朝から涼しいうちに、とご近所にみるこを紹介してまわりました。皆さん喜んでみるこを抱っこして下さいました。
友だちも境港から出てきてくれて、彼女の育児について色々と教えてもらって元気づけられました。

そして今回メインイベントは私の祖母、みるこにとってはひいおばあちゃんに会うことでした。
祖母は頭はしっかりしているとは言え92歳の高齢で自立で歩くのは難しく、少し前に病気をして、その時は覚悟が必要と言われてました。
今回も食欲はありませんでしたが、みるこを見ると明らかに顔が輝いています。
自分の部屋から出てきてみるこがいないと、「赤ちゃんはどうしたの」と探します。
みるこは夜中、何回か泣いて、隣の部屋の祖母はうるさかったでしょうに、「全然泣かない良い子だ」と祖母が眠れないかと心配していた両親に言ってくれました。
家を出る時も杖で痩躯を支えてずうっと見送ってくれました。
写真ではなく、みるこの記憶にひいおばあちゃんの事を残したいです。
どうぞどうぞ元気でいて下さい。

2008.07.21 / Top↑
離乳食を始めてから100日がたちました。
100日を記念して、初めて「てづかみ食べ」をしてみました。
まあ、汚れること!
手でぐちゃぐちゃにするのはわかるのですが、足の指のさきまでべたべたになります。
今回はお遊びでしたが、これから少しずつ取り入れて行こうと思います。

7/17 シラスとわかめの焼きおにぎり、かぼちゃそうめん、桃ジャム
7/18 シラスとわかめの焼きおにぎり、トマトとじゃが芋の豆乳スープ、桃ジャム
7/19 朝:お粥、トマトとジャガイモの豆乳スープ、桃ジャム
  夕:わかめご飯、かぼちゃの和風ビシソワーズ、ぶとうジュース
7/20 朝:枝豆とトマトのにうめん、桃ジャム
  夕:枝豆ご飯、かぼちゃと小松菜とお麩のおすまし

さっき、近所の公園に花火を見に行きました。
夫にかたぐるまされたみるこは、とっても真剣に花火を見ていました。


2008.07.20 / Top↑
何があろうと、出雲蕎麦だけは食べて帰ります。
ずうっと通っているきがるさんです。
P1010721_convert_20080718192346.jpg

出雲蕎麦は蕎麦の実の大半を挽いて作るので黒くて風味が強いです。
小さい頃は口当たりが好きではなかったのですが、今となってはこれくらいパンチが利いていないとお蕎麦を食べた気になりません。
P1010723_convert_20080718192803.jpg

出雲蕎麦屋が林立する出雲地方で常にトップクラスの腕をお持ちのご主人が打つお蕎麦は、黒いのに透明感があって、細いのにはっきりとエッジが立っているのが分かります。
お蕎麦に自信があるからでしょう、タレは薄めです。
このあたりが好みの別れるところですが、一店しか行く時間がなければ迷わずこちらですね~。

出雲蕎麦名物の割子。
P1010725_convert_20080718193034.jpg
どこのお蕎麦屋さんも一枚から注文できるので、お腹の減り具合によって調整できます。

母が頼んだ茗荷谷おろし蕎麦。
P1010724_convert_20080718192908.jpg
茗荷谷の薄桃色が涼やかです。

お店は松江城の近くで、城下町の風情を残す一角です。
松江にいらっしゃる機会があればぜひいらしてください。

出雲そば きがる


2008.07.18 / Top↑
みるこ凱旋なので両親が奮発してくれて大橋川沿いの料亭おもい川さんに連れて行ってくれました。
P1010739_convert_20080718191222.jpg

大橋川と宍道湖をのぞむ、眺めの良い気持ち良いお部屋です。
P1010740_convert_20080718191308.jpg

吉兆で修行された板前さんのお料理はなかなか華やかです。

箸が触れただけで美味しいと分かるお造り。
P1010745_convert_20080718191405.jpg

松江の郷土料理とされるスズキの奉書焼き。
P1010746_convert_20080718191451.jpg
スズキを丸ごと一匹、和紙でくるんで蒸し焼きにしてあります。
板前さんの腕が良いのでしょう、ふっくら、しっとりと焼きあがっています。
味付けしてないのでポン酢を付けて頂きました。
凄く美味しかったのでお箸の先にほんの少し、みるこのお口に持っていきました。
ぱくりと食べたみるこは、すぐにお口をあけて催促している様子です。
またぱくり。
たくさん食べました。
グルマンみるこ。
末恐ろしい。
ノドグロの煮付けの濃厚なこと。
ああ美味しい。

モロゲエビは宍道湖七珍の一つです。
P1010749_convert_20080718191557.jpg
サクサクと揚がっていて美味しい。

夏はイワガキですね。
P1010755_convert_20080718191716.jpg
蕎麦粥でシメて、デザートはパイナップルのシャーベット。
他にも島根和牛の焼き物などあって、お腹いっぱいです。

みるこは来年はもっとあれこれ食べれるかな。
また行きたい(ごちになりたい)です。

それと畳って赤ちゃんがいると良いですねえ。
畳のあるおうちに住みたいです。

懐石おもい川

2008.07.18 / Top↑
プリンを愛する夫は和菓子にも目がありません。
両親が夫を歓待するつもりで連れて行ってくれたのが松清庵たちばな
P1010687_convert_20080718185421.jpg
9時からやっているので朝食代わりに朝一番で頂いてきました。
一部屋ですが宍道湖と嫁が島が見える個室があります。

頂いたのは抹茶懐石。
P1010700_convert_20080718185941.jpg
葛きりと吉備団子のようなおまんじゅうと白玉汁粉とおこわとお薄、ほうじ茶がセットになっています。
松江は和菓子で有名ですが甘味処はあまりありません。
観光客用には茶室がいくつかあるし、もともと外食文化が発達していないのです。
美味しいものは家で食べるんですね。
京都の美味しい甘味処に比べたらお菓子もお店の造りも少々野暮ったくはありますが、たっぷりのお薄を和菓子でゆっくり頂けて、贅沢な気持ちになれます。
お茶室は畳敷きなので、みるこも座って、一緒に宍道湖と嫁が島を眺めたのでした。
P1010698_convert_20080718185822.jpg
シジミ漁の船が出てました。



2008.07.18 / Top↑
P1010656_convert_20080717200859.jpg

実家に帰るとたいていこの手の干菓子とお茶が用意されています。
松江人のウエルカムボードですね。

今回は大変暑くて、殆ど出掛けませんでした。
0歳のみるこが一畑電車に乗ったり、堀川遊覧船に乗ったりしている写真が撮りたかったのですが、次回の楽しみにまわします。
唯一涼みに入ったのが県立美術館です。
美術館のお庭のオブジェ、宍道湖うさぎです。
二番目のうさぎを触ると良いことがあるとのことで、みるこを乗せてみました。
P1010714_convert_20080717201219.jpg

P1010720_convert_20080717201444.jpg

P1010719_convert_20080717201324.jpg
一番目のうさぎ、可愛いですね。

大橋川の柳です。
360

最後に家の近所。
P1010672_convert_20080717201125.jpg

夕暮れに夫とみること散歩しました。
普通の、何もない田舎です。
意識した訳ではありませんが、どれも水のある風景でした。

2008.07.17 / Top↑
羽田空港と出雲空港の授乳室を撮してきました。
羽田空港。
P1010627_convert_20080717195813.jpg
どちらも給湯できるのが良かったです。
羽田空港にはたくさんあるので混雑もなさそうですが、お父さんが入れる授乳室とそうでないのがありました(写真は一緒に入れない方です)。
P1010772_convert_20080717200023.jpg
出雲空港のベッドは波型でユニークでした。

心配していた飛行機内での泣き声ですが、一勝一敗という所でしょうか。
行きは家でいつも飲んでいる麦茶を持って行って、離陸時と着陸時に飲ませたら泣くことはありませんでした。
他の赤ちゃんは泣いていたので飲み物をあげる作戦は成功だったようです。
帰りはドラッグストアで買ったペットボトルの有機麦茶にしました。
これが受けなくて、疲れも出たのかイヤイヤになってしまいました。
しばらく泣いていたらenyaがBGMで流れ出しました。
BGMなんてありましたっけ。
みるこがで落ち着くかは分かりませんが、出張とかでお疲れな上に赤子の泣き声がしていらっとした方には良かったかもしれません。
麦茶は諦め、アテンダントさんにリンゴジュースをミネラルウォーターで割ったのを作って頂いて着陸に備えました。
これは飲むこと飲むこと。
着陸までに飲み干してしまい、ヒヤヒヤしましたが何とか泣かずに羽田に着きました。
飛行機の中にも衝立でいいので目隠しされた席があれば、オッパイできて良いのにですね。
みること一緒だと、チケットにこんなマークが付きました。
P1010630_convert_20080717195903.jpg
ミルクマーク付きチケットです。


2008.07.17 / Top↑
保育園で今月の身体測定がありました。

4月 身長 65.4cm  体重 8.45kg
5月 身長 68.7cm  体重 8.65kg
6月 身長 69.0cm  体重 8.90kg
7月 身長 69.9cm  体重 9.45kg

体重の急成長は便秘のせいだと思います。
でも9kgは超えてるかな。

みるこは今日、9ヶ月になりました。

2008.07.16 / Top↑
実家で島根半島産の平目を頂きました。
まあ美味しいこと!
そして、郷土料理の鱸の奉書焼きも食べてしまったみるこ。
奉書焼きはかなり気に入ったようでした。

7/12 夕:お粥、人参の豆乳スープ、薩摩芋ゼリー(瓶詰め)
7/13 朝 :お粥、人参の豆乳スープ、薩摩芋ゼリー(瓶詰め)
  夕 :ヒラメご飯、茄子の出汁煮、薩摩芋ゼリー
7/14 朝:トマトと人参のリゾット、茄子とジャガイモの出汁和え
  夕:つぶつぶ野菜粥、トマトとジャガイモのスープ、スズキの奉書焼き 
7/15 朝:出汁粥、トマトと茄子の煮浸し
  夕:コーンと青梗菜のにうめん、ブロッコリーの白和え
7/16 コーンミルクパン粥、トマト&オニオンスープ、桃ジャム

旅行のせいか、うんちが滞っています。
子供用浣腸を今日買って来ました。
オムツはたくさん補充しました。
大変な事になるのか、どうなのか。。。

2008.07.16 / Top↑
まだ冬のころ、みるこの2ヶ月後に赤ちゃんを出産した職場の後輩に、お互い赤子連れで会った時のことです。
彼女の出産はかなり大変で、その時の様子を伺って、今、彼女の赤ちゃんが元気に育っているのは奇跡みたいだねと話して、お互い無事可愛い赤子が生まれたことを祝福しあって別れました。
帰り際に彼女は彼女の赤ちゃんを差して、「抱っこします?」と聞いきました。
抱っこさせてもらった赤ちゃんはみるこよりまだ小さくてはかなくて、暖かくて良い匂いがして、可愛いくて可愛いくて。。。
自分の何より大切なものをするっと他人に分けてくれる彼女の根本的な善良さに感動し、大切なものを抱きしめる幸せにうっとりして、本当に感激しました。
それから、みるこを誰かに抱っこしてもらうことが、今まで以上に嬉しい事になりました。

みるこはバス登園しているので毎日たくさん知らない人と顔を合わせます。
可愛い、と声をかけて頂く事も多く、声をかけて頂くたびに本当は「抱っこします?」と言いたくなってます。
きっと幸せな気持ちになって貰えると思うのですが、さすがに見ず知らずの人にこちらの勝手な思い込みを押し付ける訳にもいかず、自分がぎゅっと抱きしめるので満足しています。
ですが、初めてお会いしたと言うに、ある意味甘えなのでしょう、つい、しゅうるり様に抱っこしてもらいたくなって写真を口実に思いを遂げました。
麗人に抱っこされる機会などないみるこは少々緊張気味でした。

しゅうるり様、その後筋肉痛などなられませんでしたでしょうか。
その節はありがとうございました。
また機会があれば抱っこして頂けますでしょうか。

2008.07.15 / Top↑
前の記事を撤回しなければいけません。
空港で食べるために本牧館でパンでも買って行こうかと言い出した夫に、それなら美味しいパンを売っているところがあると猫騙しをかけてカフェニルソンさんへ連れて行ってもらいました。
始まってそれほど経っていないはずなのに大盛況です。
みるこもびっくりして目をまんまるにしてました。
実家で友だちに会える事になったので彼女の娘さんへお土産を。
P1010664_convert_20080715211317.jpg

まだ小学二年生ですが、かなりのお洒落さんらしいのできっと喜んでくれるでしょう。
どれもこれもとっても可愛いくて優しい。
ペンダントトップに小さなキノコが。
P1010658_convert_20080715201816.jpg

そして偶然お会いしたしゅうるり夫人にみるこのお洋服を見つくろって頂く栄誉にあずかりました!
P1010782_convert_20080715211449.jpg

写真が下手なのと一緒に旅してきてよれてしまっていて心苦しいのですが、ものすごく可愛いのです。
歩けるようになる頃に着せて可愛さを堪能しようと思います。
飛行機の時間があったので皆さんの作品をじっくり拝見する時間がなくて大変残念でした。
もっとも、もっと長い時間いたら欲望に任せてみっともない事になったに違いありません。
またきっと素敵な作品にお会いできる事でしょう。
楽しみにしております。
ありがとうございました。

ナツの旅じたく

2008.07.15 / Top↑
夫の実家から美味しそうな白桃が届きました。
水なしで炊いて、ジャムにしてこの器で毎日食べてます。
今日から「ナツの旅じたく」が始まります。
また行きたかったのですが、これから羽田⇒松江です。
いらした方の感想を楽しみにしつつ行って参ります。

7/7 平目と野菜のリゾット、さくらんぼジャム
7/8 色々野菜のリゾット、桃ジャム
7/9 シラスとブロッコリーのにうめん、桃ジャム
7/10 有機つぶつぶ野菜のお粥(ベビーフード)、桃ジャム
7/11 色々野菜のリゾット、ブロッコリーの白和え、桃ジャム
7/12 朝:コーンミルクパン粥、野菜スープ、桃ジャム

暑い日が続くようです。
行って参ります。

2008.07.12 / Top↑
P1010573_convert_20080630195557.jpg

初めて手作り化粧品に興味を持ったのは、ロフトで「ナチュラルラボラトリーズ」のコーナーを見てからでした。
(今久しぶりにHPをぐるぐるしたら、閉じられていてかなりショックでした)
なかでもリップスティックに惹かれました。
自分で作れるなんて考えてもみたことがなかったからです。
作り方はとってもカンタンです。
好みの植物油少しにみつろうを少し入れてチンします。
みつろうが完全に溶けたら色素を入れて混ぜ、また固まりかけたらチンしてリップ容器に流し込み、そのまま固まれば完成です。
入れる色素は酸化鉄。錆なんです。
これにびっくりして作るようになりました。
唇に錆を塗っておしゃれしてるなんて面白いですよね。
生活の木」など手作り化粧品材料を売っているお店ではいろんな色の錆が売っています。
錆を入れなければ保湿リップになるので、上等の油で色々楽しめます。
この時は無印で買ったローズヒップオイルを使いました。
堅すぎたり柔らかすぎたりする場合は容器からほじくりだして油かみつろうを増やして自分の好みに調整できます。

最後に香水です。これが一番カンタンで気分良くなれます。
無水アルコール5mlに好きなアロマオイルを10~12滴ほど入れて混ぜ、精製水5mlで希釈して完成です。
今回は花の香りにしたくてローズウッド、ゼラニウムを2滴ほどずつ入れて、少しイランイランを…、と思ったらタポタポと沢山入ってしまい、えらいことセクシーな香りになってしまいました。
イランイランの産地では、ハネムーンのベッドにイランイランの花を敷き詰めるのだとか。催淫作用があるのだそうです。
香りを落ち着けるためにサンダルウッドラベンダーも2滴ずつばかり追加しました。
予想外の香りになるのもまた楽しみです。
長時間は持ちませんが、本物の花の香りは人工香料にはない幸せな気持ちを与えてくれます。
たくさんの花に感謝しながら手首に少し付けるのです。

2008.07.10 / Top↑
P1010621_convert_20080710192320.jpg

帰省用に有機野菜のベビーフードを注文したと話したら、先輩ママがストック分を分けてくださったので、早めに試すことができました。
中身はこんな感じです。
P1010622_convert_20080710192529.jpg

材料、具沢山ですよ。
有機米、有機キャベツ、有機玉葱、有機大根、有機人参、有機じゃが芋、有機かぼちゃ、有機ごぼう、有機さつま芋。
先輩ママから聞いていた通り、野菜の味がとっても強いです。
美味しいです。
大人がダイエットで食べても良いのではと思います。
みるこはあっという間にペロリと食べました。
美味しかったね、良かったね。
「オーガニック、ベビーフード」で検索するとこちらのメーカーしか引っかかりません。
少々お高めですが需要は十分あると思います。
私がバイヤーだったらたくさん買い付けるんですけれど。

味千汐路

2008.07.10 / Top↑
あちこちのブロガーさんの所ででみていた長白山に初めて行きました。
最近ではくらげ男さんがとても美味しそうな記事を書いていらっしゃいました。
2時までですが、土曜日にもランチがあるのが嬉しいですね。

ランチの鶏とニンニク茎の炒め物、850円
P1010613_convert_20080708055431.jpg

2人前くらいありそうなボリュームです。
野菜のシャキシャキがたまりません。
手前のつきだしもおかず度が高いので、ご飯が足りません。

ニラたっぷりの水餃子。
P1010614_convert_20080708055639.jpg


そしてくらげさんも書いてらした薬膳冷やし中華。
P1010616_convert_20080708055952.jpg

肉類を全く使っていないそうです。
テーブルに置いてある辣油をかけると良い、と笑顔の素敵な奥様がわざわざかけて下さいました。
なるほど、辛みではなく、香ばしさが増して、更に美味しくなりますね。
奥様も親切だし、お客さんが美味しく食べているか見にいらしたご主人もとても良い感じです。
美味しく、気持ちよくお腹いっぱいになれるいいお店ですね。

長白山



2008.07.08 / Top↑
まあまあ美味しそうな平目を買いました。
北海道産なのがちょっと納得いかないところでございます。
みなとみらい生まれのバリバリ浜っ娘のみるこ。
牧前とまで限定しなくても、せめて三浦半島くらいで穫れたお魚を食べれたら良いのに、なかなか売ってもいないのですね。

7/5 朝:ジャガコーンにうめん、スイカジャム
 夕:お粥、シラスと色々野菜のスープ、スイカジャム
7/6 朝:ヒラメと水菜の雑炊、さくらんぼジャム
 夕:コーンパン粥、みるこ風カポナータ、スイカジャム
7/7 ヒラメと色々野菜のリゾット、さくらんぼジャム

夫の実家で家庭菜園しているピーマンを頂いたのでカポナータにしました。
大きいキュウリも頂いたので、これは歯固めでかじりついてます。

2008.07.08 / Top↑
油揚げはよーく炊いて油抜きしましたが、少しは油が入っていますよね。
そうめんにも入っていますね。
なので初油になりました。

7/1 青梗菜のにうめん、コーンとインゲンの温サラダ、水瓜ジャム
7/2 人参粥、トマト&オニオンスープ、さくらんぼジャム
7/3 朝:出汁粥、さくらんぼジャム
 夕:出汁粥、水瓜ジャム
7/4 朝:油揚げとシラスの混ぜご飯、さくらんぼジャム
 夕:油揚げとシラスの混ぜご飯、和風ミネストローネ、水瓜ジャム

前回ほどではありませんが、また少しポツポツが出ています。
熱が出て、たくさん汗をかくと、身体に必要なミネラルなどが失われてこういう症状がでるのかもしれません。
トマトをつぶしながら、ちゃんとみるこに吸収されとくれ、と思うのでした。

2008.07.04 / Top↑
sur-lie様がわがふるさとの美味しいお菓子を紹介してくださっています。
私も引っ張り出してきました。
P1010604_convert_20080704105551.jpg

このパッケージ、かっこいいですよね。
変えていないそうなので、300年来のパッケージ。
生姜糖、と聞くとパンチの効いた味を想像しますが、これは生姜の風味がごく優しく、ゆっくりと味わいたくなる繊細なお菓子です。

そして、sur-lie様の所で一番気になったのが、しい姫の姿態。
姫様はお気に召してくださったようで、山陰の田舎娘からすると光栄至極でございます。
当然うちのものたちにも試したくなります。
P1010602_convert_20080704105023.jpg

P1010605_convert_20080704113332.jpg

何の感慨もないようです。
駄猫はしょうがないですね。

來間屋生姜糖

2008.07.04 / Top↑
会社をサボった水曜日の夜、最近よくおしゃべりをするようになったみるこの声ががらがらしていました。
映画「シャイニング」で子供が発する「レッドラーム、レッドラーム」の声のような感じです。
次の朝、起きたら、汗ぐっしょりで身体が熱くなっていました。
がらがら声以外の症状はなく、病院に行ったら声帯のあたりでウイルスが悪さする風邪でしょう、ということで、のどのお薬を頂きました。
P1010600_convert_20080704104711.jpg

お薬は毒だ、ということが良く分かるお薬ですね。
でもしんどそうだとやはり使ってしまいます。

今回は37.5度くらいの熱が出て、寝る前には下がっていました。
今朝は平熱に戻り、顔つきもいつものようになったので大丈夫そうです。
念のため、様子を見るので今日もお休みに。

熱があってしんどい時は、だっこの体勢からそのままお腹の上でうつぶせ寝をする、らっこだっこで寝るのでないとダメなようで、寝付いたかと思ってベッドに横にするとすぐに起きて泣き出します。
私の身体の方がひんやりするのかもしれませんし、身体全体で、安心を補給しているのかもしれません。
腕も腰も首も少々きついですが、ありがたくみるこの簡易ベッドの大役を頂戴しましょう。

今は来間屋生姜糖に入っていたぷちぷちで遊んでいます。
このまま元気なら、涼しくなった夕方に少しお散歩しましょうか。



2008.07.04 / Top↑
転載の許可をまだ得てなくて、、きんどんさん、あーすさん、ごめんなさい。
教えてくれないから~。
eve_pht_080702_1_convert_20080702193904.jpg

可愛いですね、アバサー(ハリセンボン)です。
みるこもこんな顔します。

大学で同級だった井上慎也(きんどん)さんと相棒、靍松明日香(あーす)さんさんのユニット「うみまーる」が、有名な写真家さんと肩を並べてミッドタウンで写真展をしています。
『まもりたい緑、まもりたい水』
会期:7月2日(水)~7月30日(水) 11:00~20:00(会期中無休)
入場無料
会場:フジフイルム スクエア・1Fギャラリー「PHOTO IS」
(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン内  Tel:03-6271-3350)

きんどんさんとあーすさんは私のつたない文章力では表す事ができませんが、とにかく素敵な素敵な方たちです。
写真はお二人の大切な子供のようなもの。
きらきら輝いて、元気を与えてくれます。
今月、六本木方面にいらっしゃる機会があれば、ぜひ、おたちよりください。

そして、本屋さんでおみかけになったら、ぜひ写真集を手に取ってみてください。

うみまーる






2008.07.02 / Top↑
通勤電車の中で、単語帳で勉強している娘さんがいました。
「とらにらすと」、という単語が見えました。
薬学部かなにかの学生さんでしょうか。
難しい言葉とその解説がびっしり書き込まれた単語帳。
付箋までされています。
たくさんの未来があなたの中に詰まっています。
頑張って下さい、と心から思いました。

だのにわたしは

2008.07.02 / Top↑
顔や身体用にずっと使っています。
みるこが生まれてからは香料や油を入れなくなったのでみるこローションと呼ぶようになりました。
材料は尿素50gとグリセリン5ml、精製水200mlです。
精製水は水道水やミネラルウォーターでも代用できます。
材料を混ぜて原液を作ります。
混ぜていると溶液が冷たくなってきます。
何かの化学反応なのでしょう、ちょっとワクワクします。
化学に詳しかったら、お料理とか手作り化粧品とかを作るとき面白いでしょうね。
みるこが高校生になったら教科書を貸してもらいましょうか。
原液を1:8から1:5の割合で(最初は薄めで試して、しっとり感が欲しい時は原液の量を増やす良いかもです)精製水で希釈してローションにします。
このときうちでは生ビタミンやヒアルロン酸をその時の気分で加えますが、加えなくても使い心地はさっぱりで、お肌しっとりのローションができます。
原液は半年くらい、ローションは一週間くらいで使いきるように少な目に作るのがおすすめです。
P1010589_convert_20080630200151.jpg

この健栄製薬のパッケージ、萌えるんですよね~。

2008.07.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。