横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日までできなかった事が急にできるようになってびっくりします。
爆発的ににニューロンがくっつきあっているのかと思っていたら、赤ちゃんの中ではニューロンをつなげているシナプスが多すぎる場合、シナプスを減らしてスムーズに神経伝達ができるようにする「刈り込み」が行われているそうです。
刈り込まれて残ったのは。。。

右手から左手に、左手から右手に、スムーズに掴んでいるモノを移動できるようになりました。歯固めのカニちゃんでよく遊んでいます。

ぷっぷぷぷーと口をすぼめて破裂音だけでおしゃべりする日があります。
唾をたっくさん飛ばします。

足先を掴むようになりました。
その足先をたまに舐めてます。
miruko.jpg


ちょっとの間座れるようになりました。
保育園で練習してくださっているそうです。
景色が変わって楽しそうですが、すぐにころんと転がります。
あんまり自分で手で支えたりしないみたいです。
転がる姿がとても可愛いです。
おむすびころりん。


スポンサーサイト
2008.04.30 / Top↑
4月27日から2泊で、前回と同じ勝浦ブルーベリーヒルにみること夫と三人で旅行に行きました。
あいにくみるこも私も風邪っぴきです。
ずっとホテルの中で過ごしました。

1日目
今回もフェリーではなく海ほたる経由で千葉に渡りました。
またまたばんやに寄って、久しぶりのかきあげ丼を。
かきあげ丼を食べるとばんやに来た感が高まります。
ホテルについて、夫はテルムマランでタラソテラピー、みること私は施設内をお散歩しました。
20080430mama.jpg

ブルーベリーの花が盛りでした。
7月頃には実が収穫できるそうです。
夕食のバイキングのメインは鰹のお刺身とサイコロステーキ。
ステーキは成型肉でした。
夫が楽しみにしていたプリンもなかったりして、2日間とも全体的に今までより少し残念な感じに。
色々な値上げの影響かもしれません。

2日目
今日は私がタラソテラピー。
夫がみること遊びました。
20080430papa.jpg

お外でランチをしたそう。
しゃれた事をしますね。
私はタラソテラピーで揉まれてました。
かなり痛かったので、次回同じメニューはしないと思います。
ホテルで2泊して、タラソテラピーもなんてかなり贅沢ですが、どちらも会社の健康保険でやすーくなってるんです。
この時期に当選してくれたくじ運の良い夫。
ありがとう。

3日目
やっと気持ちの良い天気になりました。
家鴨やヤギさんとちょっと遊んでホテルを後にしました。
20080430ahiru.jpg

20080430yagi.jpg

前回来た時はホテルの敷地では烏と鳶が大きな顔をしていましたが、
春の気配が濃い今回は、ヒバリやセグロセキレイやムクドリがにぎやかでした。
森の方からはずっとウグイスのきれいな声が。
森と言えば、2日目の夜に夕食から戻る途中、夫が森との境のあたりで何か野生動物を見たそうです。
「鹿のちっちゃいの」
???何でしょう。
その後大多喜の道の駅、たけゆらの里おおたきに寄って地元の野菜をたっぷり買いました。
原木椎茸がたくさん詰まって一袋200円!
すごい。
筍のシーズンで筍もとても安かったです。
お隣さんにお土産にしました。

みるこはだいぶ風邪が治って来た様子。
今回もずっとご機嫌で、3人での旅にも慣れて来ました。
今度は私の実家に行きましょうか。


2008.04.30 / Top↑
みるこの風邪がうつって私もまた風邪を引いてしまいました。
風邪を引引きやすいたちなので、これから予防する方法をちゃんと考えなくてはいけません。

4/26 お粥、ほうれん草とジャガイモのスープ、焼きバナナ
無農薬のほうれん草は味が濃すぎたようです。
今までで一番嫌がる感じがありました。
青菜はちゃんと消化されていないみたいだし、無理はよしましょうね。
4/27 トマトリゾット、蕪のスープ、焼きバナナ
ホテルでの夕食に、持って行った冷凍離乳食を電子レンジで温めてもらって一緒に晩ご飯しました。
4/28 里芋粥、蕪のスープ、林檎と苺の無糖ジャム
私がタラソテラピーしている間に夫がホテルの敷地でご飯を食べさせてくれました。
お外のご飯はとても美味しかったようで、ジャムは一口ごとに大騒ぎだったそうです。
4/29 里芋粥、蕪と小松菜のスープ、林檎と苺の無糖ジャム

明日から職場復帰です。
でも風邪は治らず、結膜炎にもなってしまいました。
どうなることやら。

2008.04.30 / Top↑
蕪は大好きです。
昆布出汁で煮ただけでとても美味しいです。
バナナは白血球を増やすと聞いた事があるので風邪っぴきのみるこに食べてもらいました。
甘いので大喜びでした。

31日目:お粥、蕪のスープ、苺の無糖ジャム
32日目:蕪のリゾット、バナナのホイル焼き

離乳食を始めて1ヶ月が過ぎました。
旅行から帰ったらそろそろ動物性蛋白質を試しましょうか。
ごちそうさまでした。

2008.04.25 / Top↑
みるこがまた鼻風邪をひきました。
熱は無く、元気な様子。
病院に行きましたが、耳ものども腫れていないようです。
20080425kusuri.jpg

保育園に行ってるから・・・と考えだすとまたぐずぐずと自分が鬱陶しいので、高齢出産について考えました。
医療従事者ではないので、医学的な高齢出産のリスクあるいはメリットなどは全く分かりませんし、だらだら生活していて気がついたら高齢になっていただけなので、若い時ではできなかった充実した子育てができる、なんてえらそうなことはまかり間違っても言えません。
ただ、自分についてだけ言える事は、高齢出産した自分の親はもっと高齢だから戦力にならない、という事です。
実際、私の母は私の出産時に、年を取った人間がなりやすい病気の為に入院中で、助けに来たい気持ちはあったのですが孫の顔を見に来れませんでした(今は元気です)。
もし病気でなくて来れたとしても、還暦を過ぎた母が米袋ほどもある大きな赤子の世話を十分できたかどうかは疑問です。
体力面ではなく母親としての知識についても、40年近く前の自分の子育てをちゃんと覚えているわけではないので、かなり怪しい事を言います。
義母に離乳食について、夫にいつ頃から肉を食べさせていたのか、と質問したところ、「私は1年間母乳以外はあげなかった」と高らかに母乳絶対主義を宣言され、私もそうしなさいという勢いだったのですぐに撤退しました(後で3ヶ月頃から離乳食を始めていたと日記から分かったそうなのですが)。
孫がたくさんいるわけでもないので(みるこは義母にとっては初孫、実母にとっては2人目の孫です)、おばあちゃんとしての経験不足であまりどーんと構えていてもくれません。
義母はそれでも気を使って優しい声をかけてくれるのですが、実母は身内だからかいい加減な素っ頓狂な事を言います。
みるこが初の風邪を引いて鼻水が出ている旨メールで知らせたら返事が来ました。
「熱が出るようなら脇の下を冷やしなさい」といった具体的な指示か、
「子供は風邪をたくさん引くから気にしなさんな」といった母親らしいアドバイスか、どちらかを想像というか期待というかしていたのですが、返ってきたメールには
「鼻水を舐めると良いと聞いた事がある。汚いから私はやらんかったけど」
と訳の分からない民間伝承と、しかもそれをしなかったという何のアドバイスにもなっていない昔話があっただけでした。
自分でがんばるしかないんだな、とつくづく思いました。

会社に戻ったら、若さを満喫している妙齢の後輩たちに
「あんたたち、さっさと結婚して子供作んなさいよ!」とセクハラを言って凄く嫌がられそうな気がします。

2008.04.25 / Top↑
22日夜、脱走しました。
23日夜、夫の布団でおしっこしました。
20080424neko.jpg

うちの悪魔ちゃん。
一番最初は「そんなことをしてもいいの?」と不安になりましたが、あまりにも何回も経験していて、うちでは羽毛布団を洗濯機で洗う事は全然普通の事になりました。
でもいい加減新しいのを買いましょうか。
夫だけ、お布団は早めの衣替えにすれば良いか。
こんな日に限って雨ですね。

2008.04.24 / Top↑
保育園の他のクラスで水痘のお子さんが出だしているそうです。
みるこは元気いっぱいで今日も登園しました。
保育士さんによると同じクラスに水痘の子供がいても全く感染しない子もいるそうで、特にみるこはまだおっぱいしているから、かからないかも、かかってもごく軽くすむかも、とおっしゃっていました。
もしそうならほんとに嬉しい。
同じクラスの赤ちゃんたちもこのまま元気だと良いのですが。

昨日、一昨日は朝、登園前に離乳食をあげてみました。
29日め:お粥、豆腐と里芋のピューレ、林檎と苺の無糖ジャム
30日め:トマトと小松菜のリゾット、ジャガイモと里芋のスープ、林檎と苺の無糖ジャム
里芋はあんまり、な様子です。
みるこ殿にも好き嫌いあったのですか、ちょっと安心しました。

毎日どちらかの胸が不調です。
ご飯を多く食べるようにしたり、家にいる時におっぱいの頻度を多くしなくてはいけません。

2008.04.24 / Top↑
旅行に行くので職場復帰まで実質あと一週間しかありません。
ぐちゃぐちゃな家の中を何とかすっきりさせたいと思いながら、でも一人の時にあれこれやりたいことが満載です。

洋裁は編み物よりもっと下手なのですが、バスで15分程度のところにこんなに可愛い生地屋さんがあるので寄らずにいられません。
そして寄ると可愛い生地を買ってしまい、型紙をもらってしまい、「いつかは形になる」布がたくさんあります。
裁断だけしていたガーゼでみるこの肌着を縫いました。
20080421hadagi1.jpg

生地が可愛いのでもっと寄ります。
20080421hadagi2.jpg

もっと。
20080421hadagi3.jpg

お外で着るにはあまりにも下手なので、おうちでの寝巻きにします。
くまくんとおやすみなさい。

2008.04.21 / Top↑
夫が出かけたので、送りに行った足で中華街へ。
夫は好きな事をしてるので、私は好きなモノを食べちゃいます。
20080420kinrei.jpg

関帝廊通りの炭火焼のお肉テイクアウト店(2階は食堂になってるそうです)。
焼豚飯、焼鳥飯、焼鴨飯、相盛り飯を900円から1000円でテイクアウトできます。
以前、焼鴨を買った時は美味しいけれど高いなあ、と思ったのですが、焼豚と焼鴨がのって1000円のこのご飯はたくさんお肉が入ってて、とてもお得だと思いました。
焼鴨の下には更に鴨肉があるんです。
ご飯だけ別に買って、2人で食べても十分だと思います。
鴨、は家にいる方、アヒルです。ジューシーでとっても美味しいです。

金陵

2008.04.20 / Top↑
お天気になるかと思っていたのに、薄曇りで風が強めの日でした。
毎日のようにみること通っていた森林公園へ夫と三人で久しぶりに。
染井吉野は葉桜ですが、八重桜が見事です。
20080420sakura2.jpg

銀杏の若い葉の新緑も美しく、まだまだお花見できます。
20080420sakura.jpg

みるこはずっとパパにだっこでした。

2008.04.20 / Top↑
20080420choko.jpg

関帝廊通りのお菓子や点心を扱っているお店です。
油脂はバターかなにか使っているのでしょうか、中華菓子というより洋風な感じで、突出したところはないですが安心して美味しく食べられます。
これで1つ100円は高コストパフォーマンス。

頂好食品


2008.04.20 / Top↑
土曜日に初の蛋白質、豆腐を登場させました。
毎回自分でも試しますが、塩とか砂糖とかスパイスとか、材料さえ新鮮で丁寧に作れば必要ないんだなと思います。
気づかせてくれたみるこに感謝。
でも外食も買い食いもしちゃうのですが。

27日目:お粥、豆腐と小松菜のピューレ、林檎とトマトの無糖ジャム
28日目:お粥、豆腐とじゃがいものスープ、苺と林檎の無糖ジャム。

ごちそうさまでした。

2008.04.20 / Top↑
久しぶりにコストコに行きました。
これを買うためです。
20080418taihaku.jpg

太白胡麻油。1650g(約2L)、1390円です。(オリーブ油はOKストアで)
安いですよね。
太白胡麻油は少しだけ黄味がかった透明な油ですが、石鹸にすると淡いきれいなピンク色になります。
可愛いピンクの石鹸だからみるこ石鹸。
美しい石鹸を作るにはゆっくり時間をかけるべきなのですが、苛性ソーダの力がまだ強くて危険なせっけんのたねを置いておく場所がうちにないので(みるこもにゃんこもいるし)、苛性ソーダと油を混ぜてから熱を加えて一気に鹸化させるホットプロセスで作ります。
ホットプロセスだと鹸化が早く、石鹸自体も通常よりもかなり早くできます。
通常の作り方とは違ってかなり大雑把です、私向きかも。
荒々しさが西部劇っぽいです。
残念ながら見た目も美しくなく。。。
20080418sekken.jpg

何て不細工なんでしょう。
ほぼ1日で鹸化が終わるので、後は乾燥させるだけです。
天気にもよりますが2週間くらいでしょうか。
さっぱりと、優しい石鹸になります。
みるこにはずっと手作りの石鹸で身体を洗ってもらいたいと思っています。

ちゃんとした石鹸の作り方はこちらで↓ぜひ。(ホットプロセスは載っていません)
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブックオリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
(2001/03)
前田 京子

商品詳細を見る


おまけ。
コストコでこんなのを買ってしまいました。
20080418pampa.jpg

Mサイズ、222枚入りで4100円でした。
どうなんでしょうね。
今のメリーズが終わったら試してレポートします。

2008.04.18 / Top↑
今日は4時にみるこを保育園へ迎えにいきました。
山西みな子の本にある「圧を抜く」方法をしているからか、日中おっぱいが張って痛くなるようなことはありません。
でもみるこを迎えにいくぞ、となるととたんに張ってきます。
お母さんの身体って不思議ですね。

おっぱいを飲んでもらわないと辛いので離乳食は少なめに。
初の葉っぱもの、小松菜を使いました。
じゃがいもと昆布の出汁ですりつぶしたものを漉しました。
爽やかな味で美味しい。
みるこもぺろりと食べてくれました。
ごちそうさまでした。

2008.04.18 / Top↑
無農薬の苺をゆっくり煮て無糖ジャムを作りました。
美味しいけれど結構酸味が強いです。
林檎ほど積極的ではありませんがちゅるりと食べてくれました。
食べた後のみるこのゲップ、苺臭くて可愛いです。


2008.04.17 / Top↑
水痘にかかってしまったお子さんはもう登園しています。
ちょっとかさぶたがありますが元気な様子。
症状もごく軽く済んだそうです。
ほんとに良かった。
本を読んだりネットで検索したりしているだけでは不安が大きくなるばかりなので、かかりつけのお医者さんにどういった病気でどんな注意をすれば良いか教えて頂きにいきました。
その覚え書きです。

・水痘は感染してから10日から2週間で発症する。
(のでみるこの場合来週末くらいまで様子見が必要)
・感染していて発症しないことはまずない。
・熱と発疹がほぼ同時に出る。
・熱は中程度、1歳未満だと高くなる可能性があるがそれほど高熱にはならない。
・肺炎や髄膜炎に発展することはなく、症状が重くても命に関わる事はない。
・発症したら、熱を下げる事とかゆみを抑える治療を行う。

病院がお休みの時に熱が出る可能性もあるので、熱冷ましの座薬を頂きました。
熱が何度ある、という数字ではなく、赤ちゃんがぐったりしているとか、その様子を見極めて与えてください、とのこと。
39度であっても元気なら与える必要はありません、とおっしゃってました。
先生とお話してだいぶ気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。
20080417ani.jpg

 しっかりやれよ(ニャース)
 はっ!(私)
パパとママは頼りないので、うちではにゃーちゃんがリーダー格です。

2008.04.17 / Top↑
ともだちが絵本を送ってくれました。
彼女が子供の頃一番好きだった絵本だそうです。
ひとりぼっちの象のぐるりんぱが、いろいろと失敗しながら出会ったたくさんの子供たちと楽しくすごすというお話です。
とても悲しい絵から始まって、最後はこれでもかと溢れる色で埋め尽くされた絵で終わります。
絵は覚えていましたが大人になってから読むとまた全く印象が変わります。
ともだちはぐるんぱがたくさんの子供たちと楽しく遊ぶ最後のシーンが忘れられない、と言っていました。
小さい頃から優しくて繊細な女の子だったんだなあ。
私が覚えていたのは美味しそうな大きなビスケットでした。
たからものがまた一つ増えました。

ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)
(1966/12)
西内 ミナミ、堀内 誠一 他

商品詳細を見る


2008.04.17 / Top↑
特に普段と変わったことはしませんでしたが、やっぱり嬉しいです。
みるこが来てくれてから1日1日がとても大切になりました。

妊娠中に、会社の同僚から「お子さんに何を習わせたいですか?」と気の早い習い事について質問されました。
何でも好きな事をしてほしいので「習わせる」という言葉に違和感を感じたのですが、相手もお天気の話くらいの感覚でしょうから「バレエ」と思ってもいない事を言いました(髪をきゅっとまとめて、背筋のすっと伸びたバレエ教室帰りらしき可愛いお嬢さんたちを見ると、素敵だなとは思うんですけどね)。
習わせるというか、私もしたことのない事を一緒にしてみたいです。
一緒に、初めての事にびっくりしたり、熱くなったりしたいです。

今、一緒にしてみたいと思っている事は、まず、お菓子教室。
こちらで「びっと」した先生に美味しいお菓子を作る事を教えて頂きたいと思っています。
教えて頂くのは、シュークリームが大好きなのでシュークリームが良いかな。
そして、サーフィン。
たいていのマリンスポーツに手を出したのになぜかサーフィンは一度もした事がありません。
きっとみるこはすぐに波に乗れて、私はパドリングで腕が太くなるだけなんだろうな、などと妄想します。

みるこは甘いものが好きにならないかもしれないし、海も好きにならないかもしれません。
それでも全然かまいません。
何でも良いから、みるこが興味を持った楽しそうな事を一緒にできたら嬉しいです。
何を一緒にしてくれるかしら。

サーフィンはこんな方に教えてもらいたいです。
contents_xl.jpg

まさに妄想。


2008.04.17 / Top↑
今月末に行く旅行では市販の離乳食にごやっかいになろうかと思っています。
今日はスーパーで買った離乳食を試してみました。
・キューピー:人参・じゃがいもペースト(りんごも入っています)
・ワコウドウ:粉末粥(お湯を加えてお粥にします)
お粥は粉ミルクも混ぜてミルクリゾットにしました。

恐れていた事が起こりました。
すごい食べています。
「ママの炊いたお粥じゃないとイヤ」
なんてことはないんですね、みるこ殿は。あっぱれです。
ちと寂しい。

ところで初めてじっくりと離乳食コーナーを見たのですが、キューピーの瓶詰め離乳食の5ヶ月用に驚きのメニューがありました。
「スイートポテト」と言うのですが、原材料を見ると、さつまいも、牛乳、砂糖、バター、コーンスターチ、塩、とあります。
最初から乳製品やショ糖や塩分をあげるんですか!
需要があるからなのかも知れませんが、うーん、と思いました。

2008.04.17 / Top↑
みるこを迎えに行くと、体重と身長を測るところでした。
月に一度測定してお知らせくださるそうです。
可愛い手作りの「せいちょうきろく」です。
これを作るのも保育士さんのお仕事なのですね。
宝物になりそうです。

4月 身長 65.4cm  体重 8.45kg

今日は初めてお散歩にでかけたそうです。
横浜公園のチューリップを見に。
満開だったかな、良かったね。

20080415kiroku.jpg

あくまでも目線をくれないニャーちゃん。

2008.04.15 / Top↑
バナナは結局使わずに調理済みの材料を組み合わせて。
全部ぺろりと食べました。
楽しそうに食べてくれるからこちらも面白いです。
色々な材料で試したくなります。
明日お試しで頼んだ有機野菜のセットが届くので使うのが楽しみです。
今日は作る時におんぶをしてみました。
みるこは背中から身を乗り出して作業をのぞいていました。
でも軽くはないので肩や腰にきます。
楽なおんぶひもを探そうかなと思います。

2008.04.15 / Top↑
みるこを3時に迎えに行きました。

給食室で栄養士さんが食器を洗っていました。
ちょうどおやつの時間です。
マスクをして丁寧に洗ってらっしゃいました。
衛生管理にとても気を使っているんだな、と思いました。

部屋に入ると皆楽しそうに遊んでいました。
泣いている子はいません。
最初の日に、たくさん泣いて辛そうだったこう君はおもちゃの箱に自分から入って上半身だけ出して遊んでいます。
猫みたい、可愛い。
お子さんによるのでしょうが、1歳近い子でも2週間くらいあれば慣れるのですね。
楽しそうで、本当に良かったです。

みるこにミルクをあげる時間を早めにしてくださっていました。
わたしのおっぱいが張ってつらいのでは、というお心遣いです。
空いているところで授乳しても良いですよ、とも。
授乳はしませんでしたが、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

連絡帳入れに張り紙がありました。
水痘を発症してお休みしている赤ちゃんがいるそうです。
水痘は感染力が強く、発症している人が同じフロアーにいるだけで感染してしまうそうです。
みるこは他の子を触って遊ぶのが大好きです。
その子とは先週9日に接触しているので、まず間違いなく感染していると思われます。
発症はだいたい2週間後くらいだそうです。
来週の半ばくらい。
発症しても慌てずに、みるこができるだけ楽になるようにちゃんとしなければ。
水痘が発症して危険なのは妊婦さんと1歳未満の赤ちゃんだそうです。
いくつかの育児書で、少なくとも1歳まではお母さんと一緒にいた方が良い、と書いてあったのは、こういう色んな病気の感染のリスクがあるから、というのもあるかもしれません。
水痘になっている赤ちゃん、早く元気になりますように。。。

non.jpg

けっこう焦っています。。。
せめて写真はのんびりと。

2008.04.14 / Top↑
日曜日もパパが食べさせてくれました。
トマトの煮たのはお粥と合わせてリゾットに。
けっこう酸味があるのに何も問題ないようです。
蓮根を昆布出汁で炊いたのは今回で最後。
夫が蓮根好きなので早い登場となった蓮根ですが
みるこも好きなようで良かったです。
人参と一緒にピューレ状にして食べました。
デザートは林檎ジャム。新しい器で。

保育園があるので離乳食が夕方になります。
野菜なら大丈夫かとじゃがいもを試しました。
昆布出汁でゆっくり煮たキタアカリをスープ状にして。
私も食べてみましたが美味しかったです。
塩分なくても出汁がきいていれば美味しいんですね。
後はトマトリゾットと林檎ジャム。
林檎が続いているので明日はバナナを試してみましょうか。
ごちそうさまでした。

2008.04.14 / Top↑
以前書いた、保育園に提出が必要だった書類に血液型の欄があった件について、中区役所に問い合わせてみました。

聞いてみたのは「小さい子供に血液型の検査が必要とは思えず、不要な検査を行えば子供に痛い思いをさせた上に無駄な税金が使われる(横浜市は手続きを踏めば0歳児は医療費が無料、1歳以降も親の所得によっては無料、医療費は市が医療機関に支払います)可能性があるので、血液型の欄を作らないよう、どこにお願いしたら良いか教えてほしい」と言う事でした。
区役所の方はきちんと話しを聞いてくださって、みるこが通っているニャンコ保育園(仮称)だけがその欄がある可能性もあるが、他の保育園も調べた方が良いのか、と逆に確認して下さいました。痛い思いをする子供が少なければ少ないほど良いので、ぜひお願いしますとお話して一旦お電話を置きました。
夕方に別の区役所の方からお電話があり、確認が終わったとのこと。
まずは公立の認可保育園の書類には血液型欄がない、とのことでした。
なんだ、良かった!
私立の認可保育園を取りまとめている市の機関では特に提出書類のフォーマットを用意しておらず、また、提出書類をチェックしたり指導したりする事はないそうです。
なので、血液型欄はニャンコ保育園独自の書式である可能性が高いようです。
その欄を作らないようどこにお願いすれば良いのかという質問については、もともと私立の保育園の書類について指導する立場に役所はないらしいのですが、今度各保育園の園長先生たちを集めた定例会があるので、その席で提出書類について、「分からない所は空けておいても良い」といった文言を入れて、どうしても必要なところだけ記載すれば良いように見せる工夫をするように進言するので、それで如何ですか?とご提案頂きました。
こちらの希望通りでしたので、ありがとうございました、と電話を終わりました。

ここで登場人物(機関)の「痛さ」を考えてみると
・横浜市・・・もともと血液型欄のある書類を作成していないので何も問題はありません。勝手に遡上に載せてしまって申し訳ありません。
・中区役所・・・区民である私の話をきちんと理解し汲み上げ、1日で調べてベストと思われる大人な対応を約束して下さって、これ以上の対応は考えられません。大変お手数をおかけしてしまいました。
・ニャンコ保育園・・・不要な欄を作って「全部記載して持って来なさい」と連絡するのは少々痛いです。どうして血液型欄を作ったのでしょう。まさか相性診断だったりしないですよね。それなら相当痛いです。
・私・・・血液型検査が必須と思い込みかかりつけ医に採血キットを用意させたけれどキャンセルし、血液型が必要ないと分かれば市のフォームに問題があると決めつけて区役所員に時間を取らせてしまう、かなり重傷の痛い人。

大人になる前におばちゃんになってしまって、、、穴があったら入りたいです。
冷静に状況を見極めて早とちりで他の方に迷惑をかけないよう、自分がそういうたちなんだと肝に銘じて行きたいと思います。
20080412nekosu.jpg

 今さら無理と思う。
 オレも。

2008.04.12 / Top↑
離乳食用のお椀は活躍中ですが、もう1つ追加をしたいと思っておりましたら、優しい色の陶器を見つけました。
20080412utsuwa.jpg

作られたのは笑顔の素敵なとても可愛い方でした。
みるこ殿、ほっぺ触ってもらって、良かったね。
20080412ehel.jpg

すみません、私も買ってしまいました。
作者の方の優しさが滲み出ているような可愛いピアスです。
おばちゃんがつけるのは恥ずかしいかも。
みるこがピアスをあけるまで取っておきましょうか。

明日までこちらで出会えます。

2008.04.12 / Top↑
金曜日は3時に迎えに行きました。
今までで一番長い保育時間です。
おっぱいが張りますが、離乳食もあげなくてはいけないのでちょっと大変です。
昨日と同じ人参粥、蓮根スープ、林檎ジャムと麦茶少々。
鼻水は続いていますが良く食べました。
保育園では毎日1人か2人はお休みしているようです。
先生も咳き込んでいました。

土曜日は午前中に離乳食を。パパが食べさせてくれました。
初めてのトマトです。
加熱する方が美味しくなると書いてあったプチトマトをゆっくり煮て、酸味があったので林檎ジャムと合わせました。
またも凄い食欲です。
すごいね、ごちそうさまでした。

2008.04.12 / Top↑
鼻水・寝不足の件、園でも引き続き様子を見ていきたいと思います。早く、良くなると良いですね!!今日はお父様と2人で登園となったみるこちゃん保育者が「おはよう。」と声をかけるとニコニコラックに座っておもちゃに手を伸ばしてシャカシャカと鳴らしたり、口に入れてニコニコそして「みるこちゃん」と声を掛けるとさらににこにこたくさんの笑顔を見せてくれたみるこちゃんでした

一回り以上年下と思われる保育士さん。
絵文字も手書きでちゃんと書いて下さっています。尊敬です。

2008.04.10 / Top↑
人参が固かったらしく消化されていなかったので、再度炊きなおして細かくつぶし、お粥と混ぜて人参粥にしました。
かなり気に入ってくれたみたいです。
みるこは自分から身体を前に前に出して食べてました。
鼻水が続いているので水分とった方が良いかなと麦茶もスプーンで。
以前、哺乳瓶で薄めた麦茶をあげたときは泣いて怒られましたが、今回は不思議そうにちゃんと飲みました。
いろいろな味への興味が広がっているのでしょうか。
やはりどれくらいあげれば良いのか分からずもっと食べそうでしたが少なめに。
保育園でミルクを飲んでいるし、おうちでも離乳食を食べているとおっぱいをあげる機会がどんどん少なくなりますが、どのくらいが適正なのか、、、悩みどころです。
ごちそうさまでした。

2008.04.10 / Top↑
富山市が保育所のクレーム対応事例集を作ったそうです。
ニュースはこちら→
学校などで理不尽な要求するモンスターペアレンツ対策で、実際にあったクレーム対応をまとめたもののようです。
クレームの例として、
「朝は忙しいので親の朝食も用意して」
「ブランドの服は、後でネットオークションで売れなくなるから、名前を書きたくない」
などがあるそう。
面白そうですね。対応例集を読んでみたいです。
「名前を書きたくない」の方は、直にマジックで書けと言われたら、ちょっと困ります。
全くブランド品ではありませんが、状態が良いのは赤ちゃんができた後輩にもらってもらう約束をしているからです。
名札をアイロンしたりするのはダメなのか聞いてみれば良いのに。
何事も額面通りにしなくてはならないと考えてしまう、逆に真面目なご両親なのかもしれません。
真面目で、コミュニケーションが下手、、、と。
私も下手くそなので少々身につまされます。
みるこちゃんのお母さんモンスター入ってるわよね、と言われないようにやはり対応例集を読んだ方が良いかもしれません。
「親の朝食を」はびっくりしました。
発想が斬新です。
怖いものみたさでお知り合いになりたいと思いました。

あなたたちはモンスターだから。
間違いなく。
070227_2303002.jpg



2008.04.09 / Top↑
今日は様子見で保育園に12時まで行きました。
まだ鼻をずるずるさせていますが元気な様子です。
鼻水たらしは保育園では当たり前のようです。

昨日と同じメニューに新たに人参を少しだけ追加しました。
お腹いっぱいになったと言うより、同じ姿勢を続けることに飽きて来てイヤイヤになる気がします。
どこで切り上げたら良いのか分からず少なめに。
ごちそうさまでした。

2008.04.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。