横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みるこさん、とうとう保育園の最年長になりました。
あと一年で小学生です。
本当に早いものです。

最年長のこの年は、色んな事をします。
例えばお泊まり保育をしたり、路線バスを使って遠足に行ったり、自分たちで焼いた茶碗でお点前をしたり。
毎月のお誕生会でお誕生日の子に手作りのオモチャなどを作るのも最年長の役目です。
そうした行事をこなすために、クラスの中でグループ分けをして、グループで活動するようです。
先日、グループ分けとそのグループ名決めがありました。

みるこさんのグループの名前は、
スーパーこまち
になったそうです。

グループメンバーの電車好きの男の子が、新幹線の名前が良い、と提案したらしく、皆で相談して、スーパーこまちになったそうです。
何だか大人の私たちより民主的でスマートですね。
決めた本人たち、分かっているのかいないのか、今年走りはじめた、かなりカッコいいこまちを選んだセンスもナイス!

他のグループ名も面白いので書いておきます。

・うさぎ
・ワンピースのルフィ(「ワンピースの」もグループ名に含まれます)
・どうぶつ

ずっと楽しかった保育園。
最後のこの年も、きっと楽しい事でいっぱいでしょう。
スポンサーサイト
2013.04.21 / Top↑
みるこさん、意中のレオ君(仮名)に振られ続け、今は たなか なおき君(仮名)というイケメンにホの字です。


なおき君と結婚するの!


としょっちゅう言います。
なおき君のご両親に打診したところ、


うちは子供の気持ち次第ですから。


と言われました。
肝心のなおき君は戸惑いを隠せない様子で、回答を保留にしています。
もうかなり長いこと保留にしているので、またみるこさん振られた、という事なのですが、全く怯む様子なく毎日果敢にアタックしているようです。


でもね、たなか みるこ になるのはイヤなの。
なおき君にお名前変えてもらうの。


とえげつない妄想までしています。
これも念のためなおき君のご両親に打診したところ、


うちは弟も居ますので、本人さえ良ければ問題ありませんよ。


とのこと。
お気付きのようにノリの良いご両親で、こんな素敵な方たちとご親戚になれることはやぶさかでは無いのですが、いかんせん肉食系すぎるみるこさん、また泣きを見そうな気がします。

ところで、なおき君がみるこさんの心をガッチリ掴んでいる理由ですが、


なおき君はね、みるこちゃん、て呼んでくれるの!


だそうです。
非モテな方、参考になさって下さい。
2012.11.28 / Top↑
みるこさん、10月で5歳になりました。
早いものです。

クラスのオシャレ番長を自負しているらしく、それなりに気を使っているようです。
足が細く見えるから、とショートパンツを続けていました。
○○ちゃんみたいに細くなりたい、
と同じクラスのスマートな女の子と比べたりしてます。

自分はそんな5歳児だったかなあ。
だいぶ違っていたように思います。
この親と長時間過ごしても、みるこさんはかなり女の子らしい性格に育っているようです。

去年まで平気だった予防接種で泣きました。
痛いというより怖いんでしょうね。

自立心もなかなか旺盛です。
ほんの少し、お留守番をお願いした事がありました。
近所のクリーニング店に預ける洗い物を用意していたら、

ママ、まだ行かないの?みるこ、ノンビリしたいのに。

と言われました。

よく笑い、よく歌っています。
子供の中には楽しいことばかり詰まっているんだなあ、と思います。
楽しいことを詰め込んで下さっているのは保育園の先生やお友だち(年嵩含む)です。
いつもありがとうございます。

保育園のお誕生会のあと、ゲーテ座でコスプレしました。
毎年のお楽しみです。
2012.11.27 / Top↑
長らくの不在でご心配くださっている方もいらっしゃるかもしれません。

ちょっと手を付けれる状態ではありませんでした。
そしてもうしばらく、時間がかかりそうな気がします。

7月に母が亡くなりました。
67歳でした。

1年前から遠く無い未来に別れが来る事は分かっていました。
分かってはいましたが、思っていたより早い別れでした。

亡くなった人の話を綴るようなブログはあまり好みではありません。
ですが、続けて行くためにはどうしても避ける事ができないのでご容赦ください。
一つの鎖がほどけて、次の鎖であるみるこに繋がって行きます。
遡ったり、鼻先を見つめたり、ぼちぼち話を始めたいと思います。

もう少しで四十九日です。
それが過ぎたころから、ぼちぼち。
2012.09.01 / Top↑
三渓園のほたるの夕べに行ったのですが、ちょうど近所に住んでいる同じ保育園のお友達がいました。
三人で大騒ぎ。ハイテンションで走り回ってプリキュアごっこして、大人達の言う事なんて聞かずに好き勝手して。
修学旅行の仲良しグループのようでした。
来年の夏、保育園では「おとまり会」があります。
きっとこんな感じなんでしょうね。
夫か私がいないと寝れないみるこですが、大丈夫そうです。
IMG_6105_convert_20120630072558.jpg


保育園のお散歩で、かなり遠くまで行っているようです。
ロープ公園までお散歩して、ロープ遊びをしているそうで、何という体力でしょう。
遠くまで歩かせたり、慣れない遊具を使わせると負わなければならないリスクも増えると思うのですが、チャレンジして下さる保育士さんに本当に感謝です。
保育園では竹や木を使ったぽっくりで遊んでいるようで、一本下駄のぽっくりができるようになって嬉しいみるこ、私にできるようになったのを見せてくれました。
これから竹馬も頑張るそうです。
ぽっくりも竹馬も保育士さんが作ってくださったものです。
ありがたい事です。
お休みの日に、ロープに登りたい!とロープ公園に来ました。
IMG_6181_convert_20120630072812.jpg

頑張って一番下の座る所までなんとか登れたみるこ。
別の日に前を通って、「あんなところまでいけたんだ〜」と自分に驚いていました。
今までお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの公園だったロープ公園ですが、みるこの成長を体感できる特別な公園の一つになりました。

前にも書いた事がありますが、たまにお腹の中にいた時の話をします。
もうそろそろしなくなるのかな。
女性の神様に遊んでもらってたそうです。
紙芝居を読んでもらったんだとか。
そして女性の神様にその紙芝居を貰ったんだそうです。
でも生まれる時に返した、と言っています。
面白いですねえ。
おへその穴から外が見えた、と言っています。
あちこち見て、私たちの所に来た、と言うので、なんで私たちの所にきたの?と聞きました。


なんか、おいしそうなものたべてたから


だそうです。
2012.07.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。