横浜での子育て日記、たまに猫とおいしいもの

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
7日の日曜日に本牧のカフェ・ニルソンさんへ行きました。
3回目のてづくり市、あったか小もの市が目的です。
物欲の前に食欲を満たします。
IMG_0602_convert_20081210193040.jpg
みっちりで香りの良いパン!
天気は良かったけれど空気の冷たい日でしたので、暖かいスープがしみます。
ああ美味しい。

お腹がくちくなると物欲が
置いてあった可愛いものたちはこちらが詳しいです。
私たちが伺う前に、だいぶお嫁に行ったみたいです。

春の最初のほっこり市の時に、カフェニルソンさん手作りの石鹸が置いてあって、買わなかった(すみません)のですが、手に取ってしばし感慨にふけりました。
ワタクシも石鹸づくりをするもので、原価計算はすぐできます。
なので、もうけどころか、費やす時間を考えるとマイナス~になるのが申し訳ありませんが分かってしまいます。
でもその石鹸はパラフィン紙で丁寧にくるまれ、可愛いミツバチの絵がかかれたラベルまでされてました。
手作りの石鹸はほんとに肌に良いです。
良いものだから手に取って使ってみてね、というニルソンさんの気持が伝わりました。
ものをつくるのは、物事を完遂させる達成感もありますが、何より誰かがそのもので幸せな気持になってほしいからですよね。
そして、つくったものを売る、というのは、「誰か」が特定の人ではなく、全く自分の知らない他人なわけで、幸せな気持をつなげるために、満足するものを作る作業はほんとに大変だと思います。
自分の時間を削って人が幸せな気持になる手伝いをするためのものをつくる人たちがいて、それを応援したいと思う人たちがいて、単なるギャラリーですが、それぞれを眩しく見とれます。

ま、結局物欲なのですが。
IMG_0620_convert_20081210193116.jpg
可愛いでしょう(しかも自慢ですか)。
またおばちゃん向けでないのを購入してしまいました。
みるこのおぐしがもうちょっと長くなるまで大切にしまいましょう。

そして、この市にかこつけて、うれしはずかし大切なお方(何せ未来の義理の息子かも)をお招きしたのが日曜の大イベントでした。
そのお話はまた後日。
kiko様、プリンス顔出しOKですか?





スポンサーサイト
2008.12.10 / Top↑
今月、みるこはずっと風邪をひきっぱなしでした。
39度超えの大熱が1度だけ。
あとは熱はなく、元気なのですが、鼻水が出っぱなし。
咳も続いて、保育園の近くの耳鼻科や以前から通っている小児科に週に1回は通っていました。
お肌のトラブルは消炎剤でだいぶ落ち着きましたが、鼻水は相変わらずです。
しょっちゅう耳鼻科にお世話になったので、最初は先生の顔を見ただけで泣き出していたのが、鼻を吸ってもらうと楽になるのを覚えたらしく、おとなしくお鼻をチュッとしてもらっています。
先生に「慣れちゃったね」と言われ、少しへこんだりしつつ、私自身も風邪を引くみるこに慣れてきました。

風邪が長引く原因の一つと考えられるのがみるこの寝相です。
まあ移動すること。
お布団の外へ外へ出て行き、掛けても掛けてもお布団をはぎ、気がつくと手足が冷たーくなってしまっています。
遅きに失したのですが、先週末スリーパーを作りました。
IMG_0525_convert_20081128203409.jpg
完全に目分量で適当にががが、と作りまして、見た目はかなりアレでございます。
でも2枚仕立てで柔らかいフリース素材で、かなりぬくぬくと暖かいのではといつもの自画自賛です。
この可愛い亀フリース生地は、移転したスワニーで買いました。
ワゴンにあった生地で、1m50cmで1200円。
スリーパーの残りの生地で自転車に乗るとき用のみるこマフラーも縫いました。
けっこうお得じゃないですか?
かなり広くなって、今までなかった色々な材料も増えて、スワニーさんで布を眺めてドキドキする時間が更に長くなりました(のであまり寄らないように、、)。

自転車に乗る時にみるこはピンクのヘルメットをしているのですが、まだブカブカです。
ピンクのブカブカヘルメットに亀のマフラー、ピースフルなカクマルちゃんです。
なんて書くとホワイトベース以上にさきさんに「???」と思われちゃいますね、きっと。

2008.11.28 / Top↑
就寝中に活発に動く(寝相が悪いとも言いますね)みるこにはもう私が作った肌着では無理のようで、寝巻き用にユニクロのカバーオールを買いました。
1000円です。
ありがたいです。
しかもお腹や太もものあたりがかなりゆったりなんです。
この間DPAMの肌着を身長に合わせて買ったら、ももがキツくて泣く泣く後輩にあげました。
フランス人は赤ちゃんもしゅっとしてるって事ですね。
DPAMは12ヶ月用でなく、18ヶ月用でないとダメみたいです。

ユニクロのカバーオールはゆったりだし、タグは外側に出てるしで、さすが庶民の味方、素敵~!、なのですが、少々地味なデザインでしたので、ちょこっとお花をつけてみました。
P1020045_convert_20081006195017.jpgP1020046_convert_20081006195113.jpg

1000円が1480円くらいになったのではと自画自賛でございます。
少し時間がたつとワゴンに移って780円くらいになりますよね。
更にありがたい。早くワゴンに移動しないですかね。

結婚して、おされな横浜マダムになったらユニクロは卒業かと思っていましたが、どうも一生無理みたいです。


2008.10.06 / Top↑
IKEYAのテキスタイルのコーナーに行くと、若い男性が布を裁断しているのを見かけます。
服飾専門学校の方なんでしょうか。
ちゃんとした布が、お手頃価格なんですよね~。
自分で切って、重さを測かる購入方法も楽しいです。
1m、349円の布で作ったクッションカバーです。
P1010898_convert_20080829201716.jpg
幅が150cmもある布なので、あれこれ使い道がありそうです。
350円しないなんて、ほんとに安いですよね~。
腕とセンスががあれば。。。と思います。

こちらはちと高価な1m、1590円のビニールコーティングされた布で作った、エコバッグとスタイです。
P1010897_convert_20080829201621.jpg
エコバッグはスーパーのレジ袋を型紙にして、ほつれないので端をジグザグに縫っているだけです。
この間arauの詰め替え1Lを3つ入れましたがびくともしません。
丈夫な布みたいです。
スタイはスワニーさんの型紙を使わせていただきました(反則?)。
こちらは首周りだけ、余ったガーゼ生地でバイヤステープを作って縫いました。
エコバッグは夫が会社に、スタイはみるこが保育園に持って行ってます。

IKEYA

すみません、肝心な事を書く前にアップしてしまっていました。
クッションカバーとエコバッグは、みるこが保育園に行く前、3月にIKEYAのカフェで開かれた、「カミラの簡単ソーイング」という教室で教えて頂いたレシピをもとに作っています。
教室と言っても、ミシンを使って縫ってみる、といったものではなく、スウェーデン人のカミラさん(小顔の美人さんでした♪)が、IKEYAの布の柄の意味や、テキスタイルの生活への取り入れ方を紹介してくださる形で、クッションカバーも枕カバーを少し変形させて、クッション自体より小さめに作って、とか、OKストアのレジ袋を型紙にエコバッグを作ってみたの、など、ご自身のアイデアを教えてくださる場所でした。
カフェで500円で前売り券を買って予約し、当日はカミラさんのお話を聞きながらセムラというスウェーデンのお菓子とお茶を頂きました。
時間は1時間弱くらいでしたでしょうか。
現在もしているか分かりませんが、もしやっていたら、私のような超初心者には楽しい会でしたのでおススメです。
10組くらいお客さんがいて、そのうち半分くらいが、赤ちゃんを含めてお子さん連れでした。




2008.08.29 / Top↑
P1010573_convert_20080630195557.jpg

初めて手作り化粧品に興味を持ったのは、ロフトで「ナチュラルラボラトリーズ」のコーナーを見てからでした。
(今久しぶりにHPをぐるぐるしたら、閉じられていてかなりショックでした)
なかでもリップスティックに惹かれました。
自分で作れるなんて考えてもみたことがなかったからです。
作り方はとってもカンタンです。
好みの植物油少しにみつろうを少し入れてチンします。
みつろうが完全に溶けたら色素を入れて混ぜ、また固まりかけたらチンしてリップ容器に流し込み、そのまま固まれば完成です。
入れる色素は酸化鉄。錆なんです。
これにびっくりして作るようになりました。
唇に錆を塗っておしゃれしてるなんて面白いですよね。
生活の木」など手作り化粧品材料を売っているお店ではいろんな色の錆が売っています。
錆を入れなければ保湿リップになるので、上等の油で色々楽しめます。
この時は無印で買ったローズヒップオイルを使いました。
堅すぎたり柔らかすぎたりする場合は容器からほじくりだして油かみつろうを増やして自分の好みに調整できます。

最後に香水です。これが一番カンタンで気分良くなれます。
無水アルコール5mlに好きなアロマオイルを10~12滴ほど入れて混ぜ、精製水5mlで希釈して完成です。
今回は花の香りにしたくてローズウッド、ゼラニウムを2滴ほどずつ入れて、少しイランイランを…、と思ったらタポタポと沢山入ってしまい、えらいことセクシーな香りになってしまいました。
イランイランの産地では、ハネムーンのベッドにイランイランの花を敷き詰めるのだとか。催淫作用があるのだそうです。
香りを落ち着けるためにサンダルウッドラベンダーも2滴ずつばかり追加しました。
予想外の香りになるのもまた楽しみです。
長時間は持ちませんが、本物の花の香りは人工香料にはない幸せな気持ちを与えてくれます。
たくさんの花に感謝しながら手首に少し付けるのです。

2008.07.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。